Fashion★シゴトNEWS

2019.02.14

アパレル店長・アパレル販売の平均年収と転職動向

店長・販売の平均年収と転職動向

店長の平均年収

25~29歳:336万円 30~34歳:381万円 35~39歳:409万円

販売の平均年収

25~29歳:293万円 30~34歳:324万円 35~39歳:354万円

店長・販売の転職動向

店長・販売などの店舗系人材は、慢性的な人材不足もあり、現在最も求められている職種です。
各企業では採用の幅を広げており、2018年にはホテルスタッフやCA、美容師など接客をともなう業務の経験をお持ちの方はもちろん、ブランドイメージにうまくマッチし、保育士や不動産営業から採用された方もいらっしゃいました。
したがって「昔からファッションが好きで、いつかはファッションに携わる仕事に就きたい」と考えている場合は、ぜひお早めのご決断をおすすめします。

また経験者では、外資系ラグジュアリーブランドがリブランディングを行い、それに合わせて新たな客層を取り込むべく、ヤングレディースブランドの経験者を積極的に採用したケースもありました。

その一方でキャリアアップや昇給のしづらさへの不安や、休日が少ないことへの不満などから、店頭の業務を離れたい、と考えられる方も常にいらっしゃいます。
そのため各企業では、時短勤務や平日勤務など働き方の選択肢を増やしたり、給与や残業代など金銭面を見直したりと、働きやすい・働きたい環境整備に着手しています。
インセンティブなどプラスアルファの支給が充実化、個人予算の廃止、これまで契約社員だったポジションの正社員化、年間休日の増加など多くの事例があります。求人はつねにチェックしてください。


店長・販売の転職成功のヒント

選考が進んでから最も大切なのは店舗見学です。
当然でしょうと思われるかもしれませんが、実際に選考に進んでみると、思ったよりも忙しく、インターネットでもある程度の情報を得られることから、これを疎かにしてしまう方がいらっしゃいます。
ですが面接では「店舗は見られましたか?」という質問を必ずされますし、見ていない方の回答は面接官に必ず見抜かれてしまいます。どんなに忙しくても、時間を作って店舗へ足を運んでください。

ブランドの顔として店頭に立つ以上、美しい所作や、お客様に「この人から買いたい」と思わせる雰囲気が求められます。ご自身なりに企業・ブランドを研究し、ブランドを体現することを意識してください。この点でも上述した店舗見学が役に立つでしょう。

また提出書類にはぬかりのない丁寧さが必須です。証明写真や文章の組み立てなど、基本的なところから気を配って作成してください。
個人の販売目標を設けていないブランドなど、数字の感覚が身に付きにくい環境で就業されている方もいらっしゃると思います。日ごろから意識して、店舗売上、予算比、前年比、個人売上、顧客数、フェアにご招待した人数など、ご経歴を数値化する癖をつけると良いでしょう。
その上で、選考の際に「なぜこのブランドなのか」「このブランドで何をしたいか」「このブランドで自分はどうありたいか」を語れることが大切です。

全てのブランドに当てはまる回答はありませんが、まずはご自身の軸がぶれないように固めておくことで、転職成功後のご活躍にもつながります。


目次


本件に関するお問い合わせ先

株パーソルキャリア株式会社 クリーデンス事業部 お問い合わせ(総合)フォーム
お問い合わせ(総合)フォーム

関連リンク

  • Webサイトに公開している
    求人・企業情報はほんの一部です。
    転職をご希望の方は、まずクリーデンスの
    転職支援サービスにご登録ください。
  • 転職支援サービス 無料会員登録

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧