Fashion★シゴトNEWS

2021.02.12

ファッションデザイナーの平均年収と転職動向

ファッションデザイナーの平均年収

25~29歳:325万円 30~34歳:368万円 35~39歳:436万円

ファッションデザイナーの転職動向

デザイナーの求人数は、コロナ影響により4~8月ごろにかけて落ち込んだものの、それ以降は復調し、10~12月の3ヶ月間では前年をやや上回りました。
ただしその内訳を見ると、OEM/ODM企業や、D2C事業を展開する企業からの求人が増加している一方で、ブランド側の求人はブランド閉鎖などの影響を受けて減少しています。
D2C事業においては、デザイナーとしてのクリエイティビティだけではなく、インフルエンサーとのやり取りを通じて、その意図を具現化できる力や、企画生産までの知見など、これまでとはやや傾向の異なるスキルが求められています。

またリモートでの働き方が普及したことで、一人ひとりの作業効率が上がり、業務委託などフルタイムでない求人も増えてきました。育児や介護などとの両立を目指す方にとっては、以前よりも希望に沿った働き方ができるようになったと言えるでしょう。


ファッションデザイナーの転職成功のヒント

上述したように、ブランド側の求人は減少しており、この傾向は今後も続くものと見られます。ぜひご自身の本来の力を発揮できるよう、ご自身に合ったブランドを取引先に持つ商社やOEM/ODM企業、D2C企業への転職も検討してみてください。希望を叶えられる可能性が拡がります。
OEM/ODM企業であれば、広い商材を手掛けられること、マーケットを見る力やスキルの幅を伸ばせること、生産背景やコスト感覚が身についてモノづくりに反映できることなど、成長・スキルアップの面に多くのメリットがあります。

どのような企業であれば、ご自身の希望が叶い、感性や個性を活かせるのか。その見極めのために、まずはご自身のスキルややりたいことの洗い直し、そして企業研究が重要です。
コロナ影響にともない、どの企業においても、より「売れる商品を生み出す」ことの重要性が増しています。
そのため業種にかかわらずデザイナーとして意識してほしいのは、「なぜその絵を描いたのか」を語れるようになることです。現職でも数字や提案力などを意識しながら業務を進めましょう。
またデザイナーに限った話ではありませんが、リモートでの働き方が普及したことで、「分からないことを隣の席の先輩にすぐに聞ける」というような、これまでは当たり前だったことができなくなっています。積極的なコミュニケーションも心掛けてください。


目次


本件に関するお問い合わせ先

パーソルキャリア株式会社 クリーデンス事業部 お問い合わせ(総合)フォーム
お問い合わせ(総合)フォーム

  • クリーデンスでは求人のご紹介のみならず、
    スムーズに転職活動を行うための全面的なサポートを行っています。
    サービスは無料ですので、転職活動への不安をお持ちの方はぜひお気軽にご相談くださいね。
  • 転職支援サービス 無料会員登録

関連リンク

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧