Fashion★シゴトNEWS

2017.02.09

アパレルデザイナーの平均年収と転職動向

デザイナーの平均年収

25~29歳:305万円 30~34歳:372万円 35~39歳:406万円

デザイナーの転職動向

ここ数年、デザイナーの求人数はほぼ横ばいの状況が続いています。
これを詳しく見るとブランド側の求人が減少する一方でOEM/ODM側の求人が増えており、その背景には各ブランドが自主企画からアウトソースにシフトする動きがあります。

求職者については、これまではOEM/ODMデザイナーが、その経験を活かしてブランド側への転職を希望するケースが多く見られていました。
ですが最近では今後のキャリアを考える中で、逆にブランド側からOEM/ODMへの転職を希望される方も少なくありません。
そのメリットとしては、幅広い商材を手掛けられること、マーケットを見る力とともにスキルの幅を広げられること、生産背景やコスト感覚が身についてモノづくりに反映できること、企業として方向転換がしやすいことなどが挙げられています。


デザイナーの転職成功のヒント

書類選考や面接において、企業は店頭リサーチ力、ブランドに合わせた明確な志望動機、プレゼン力などのほかに、ビジュアル資料の分かりやすさも見ています。
また日常の業務でも、いたるところにパソコンを使う場面があるかと思います。改めてご自身のパソコンスキルを振り返ってみてください。
IllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトは問題ないという方でも、メールやExcel、Wordなどのいわゆる「一般的なPCスキル」はいかがでしょうか。現在の職場だけで通用する形にとどまってはいませんか?

デザイナーであればデザインスキルが大事なのはもちろんですが、ビジネスツール、コミュニケーションツールとしてのパソコンの活用にも気を配ってみてください。


目次


本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス クリーデンス事業部 お問い合わせ(総合)フォーム
お問い合わせ(総合)フォーム

関連リンク

  • Webサイトに公開している
    求人・企業情報はほんの一部です。
    転職をご希望の方は、まずクリーデンスの
    転職支援サービスにご登録ください。
  • 転職支援サービス 無料会員登録

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧