Fashion★シゴトNEWS

2018.02.08

アパレルデザイナーの平均年収と転職動向

デザイナーの平均年収

25~29歳:314万円 30~34歳:377万円 35~39歳:442万円

デザイナーの転職動向

ここ数年、デザイナーの求人数・求職者数ともにほぼ横ばいの状況が続いています。

転職売り手市場と言われて久しいですが、ファッション・アパレル業界においては慢性的な販売スタッフ不足の影響で、人事・採用のための予算が販売職や営業職などの「売る側」に割かれる傾向が強まっています。
その裏でデザイナーなど「作る側」の採用に割く予算が不足し、スキルや経験よりもポテンシャルを重視した、若年層中心の採用が目立ちました。

また求職者については、OEM/ODMデザイナーがブランド側への転職を希望するケースが比較的多いですが、逆にブランド側から商社・OEM企業への転職を希望される方も少なくありません。
そのメリットとしては、幅広い商材を手掛けられること、マーケットを見る力やスキルの幅を伸ばせること、生産背景やコスト感覚が身についてモノづくりに反映できることなどが挙げられます。


デザイナーの転職成功のヒント

デザイナーの転職理由として目立ったのが、こだわりが出せない、企業の方針で売れることが第一のモノづくりになってしまう、デザイン以外の業務が多いなど、本来の力を発揮できないという声でした。

こだわりは仕事を進める上でなくてはならない大切なものですが、その一方で手掛けた商材が売れることも重要です。
転職活動にあたっては、どのような企業であれば、ご自身の感性や個性を活かせるかを見極めてください。
そのためには、改めてスキルややりたいことを洗い直し、企業研究を通してご自身に合った企業を見つける必要があります。

また「デザイナーは絵を描いていればいい」という時代ではありません。
数字意識や提案力、モノづくりの一連の流れを考慮した業務の進め方など、広い視野で仕事に当たれる方が、どんな企業からも求められています。


目次


本件に関するお問い合わせ先

パーソルキャリア株式会社 クリーデンス事業部 お問い合わせ(総合)フォーム
お問い合わせ(総合)フォーム

関連リンク

  • Webサイトに公開している
    求人・企業情報はほんの一部です。
    転職をご希望の方は、まずクリーデンスの
    転職支援サービスにご登録ください。
  • 転職支援サービス 無料会員登録

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧