Fashion★シゴトNEWS

2020.02.13

ファッションデザイナーの平均年収と転職動向

ファッションデザイナーの平均年収

25~29歳:318万円 30~34歳:376万円 35~39歳:434万円

ファッションデザイナーの転職動向

デザイナーの求人数は、昨年対比でほぼ横ばいでした。
もともとモノづくり系職種の中では就業人口が多いこともあり、欠員補充などで常に一定の求人が発生しています。
ただし業態別に見ると、ブランド側のデザイナーは大手アパレル企業のリストラなども含めて減少傾向にあります。
それに対してOEM/ODM企業では、社内企画・直接貿易へと切り替えるアパレル企業が増えつつあるものの、デザイナーの需要はまだ高く、求人は増加しました。あわせてOEM/ODM企業では、人員確保のために雇用条件を改善する企業が増えており、若手社員を中心に給与アップなどの事例もあります。

平均年収からは、30代での昇給があまり大きくないように見えますが、これは、育児や介護などで時短勤務に切り替える方が増えているためです。
年収は下がってしまうものの、一人ひとりがライフスタイルに合わせて、希望に沿った働き方ができるようになりつつあります。


ファッションデザイナーの転職成功のヒント

これまで通り、コーディネート力や提案力を求める企業が多い一方で、ECをメインに展開している企業からは、<売れる単品>を生み出せるデザイナーが求められています。
ECではアイテムごとの売り上げがランキング形式で分かりやすく見られるため、単品力を重視される傾向があるからです。
「得意なアイテムはこれ」「この商品でこれだけの売上を作った」とアピールできる方が歓迎されます。

これはEC展開する商品を手掛ける商社やOEM/ODM企業でも同じことです。
ぜひご自身の本来の力を発揮できるよう、ブランド側だけでなく、自分に合ったブランドを取引先に持つ商社やOEM/ODM企業へ転職することも検討してみてください。希望を叶えられる可能性が拡がります。
加えて商社やOEM/ODM企業には、幅広い商材を手掛けられること、マーケットを見る力やスキルの幅を伸ばせること、生産背景やコスト感覚が身についてモノづくりに反映できることなど、成長・スキルアップの面に多くのメリットがあります。
どのような企業であれば、ご自身の希望が叶い、感性や個性を活かせるのか。その見極めのために、まずはご自身のスキルややりたいことの洗い直し、そして企業研究が重要です。

また業種にかかわらず意識してほしいのは、「デザイナーは絵を描いていればいい」わけではないということです。
モノづくりの一連の流れを考慮した業務の進め方はもちろん、数字意識や提案力などが、どんな企業からも求められています。
それに合わせて、最近は資料作成のスキルもチェックされています。ポートフォリオの提出時には、内容だけではなくフォーマットなどにも気を配ってください。


目次


本件に関するお問い合わせ先

パーソルキャリア株式会社 クリーデンス事業部 お問い合わせ(総合)フォーム
お問い合わせ(総合)フォーム

関連リンク

  • Webサイトに公開している
    求人・企業情報はほんの一部です。
    転職をご希望の方は、まずクリーデンスの
    転職支援サービスにご登録ください。
  • 転職支援サービス 無料会員登録

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧