Fashion★シゴトNEWS

2019.02.14

アパレルデザイナーの平均年収と転職動向

デザイナーの平均年収

25~29歳:304万円 30~34歳:371万円 35~39歳:440万円

デザイナーの転職動向

デザイナーの求人数・求職者数は、昨年対比で若干の減少となりました。
この背景には、企業が即戦力を求めて厳選採用を行う傾向にあることや、ながく言われているファッション系専門学生の減少からも分かるとおり、デザイナーの数が減っていることなどが挙げられます。
昨年クリーデンスを利用したデザイナーの中には、数年ぶりに転職活動を再開したというベテランの方も少なくなく、ここからも若いデザイナーが増えていない様子がうかがえました。


デザイナーの転職成功のヒント

ブランド側への転職を希望するOEM/ODMデザイナーの方が多い一方で、ブランド側から商社・OEM企業へ転職されるケースも少なくありません。
というのも、デザイナーの転職理由として多い、「自分のこだわりが実現できない」「企業の方針で売ることを優先したモノづくりになってしまう」など、ご自身の本来の力を発揮できないというお悩みを、セレクトブランドなどを取引先に持つ商社・OEM企業へ転職することで解決できる可能性があるからです。
ほかにも商社・OEM企業には、幅広い商材を手掛けられること、マーケットを見る力やスキルの幅を伸ばせること、生産背景やコスト感覚が身についてモノづくりに反映できることなど、主に成長・スキルアップの面に多くのメリットがあります。
転職活動にあたっては、どのような企業であれば、ご自身の希望が叶い、感性や個性を活かせるかを見極めてください。そのためには、スキルややりたいことの洗い直しや、企業研究などが必須となります。

そして強く意識していただきたい点がもう一つ。それは「デザイナーは絵を描いていればいい」という時代ではないということです。モノづくりの一連の流れを考慮した業務の進め方はもちろん、数字意識や提案力などが、どんな企業からも求められています。
それに合わせて、最近は資料作成のスキルもチェックされています。ポートフォリオの提出時には、内容だけではなくフォーマットなどにも気を配ってください。


目次


本件に関するお問い合わせ先

パーソルキャリア株式会社 クリーデンス事業部 お問い合わせ(総合)フォーム
お問い合わせ(総合)フォーム

関連リンク

  • Webサイトに公開している
    求人・企業情報はほんの一部です。
    転職をご希望の方は、まずクリーデンスの
    転職支援サービスにご登録ください。
  • 転職支援サービス 無料会員登録

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧