Fashion★シゴトNEWS

2020.02.13

アパレル生産管理の平均年収と転職動向

アパレル生産管理の平均年収

25~29歳:345万円 30~34歳:386万円 35~39歳:438万円

アパレル生産管理の転職動向

求人数は昨年比でやや減少しましたが、今回の調査では、30~34歳から35~39歳への年収の上昇率が最も高い職種が生産管理でした。
この背景として、ブランドでの直接貿易への切り替えがあると考えられます。
これまで商社を利用していたブランドが直接貿易へ切り替えるにあたり、直接貿易の経験をお持ちの方、工場背景との関係性に長けた方などが評価され、経験を積むにつれて順調に昇給しているものと見られます。
その一方、商社側では業務縮小を余儀なくされる企業などもあり、やや厳しい状況となっています。

また、これまで生産管理の求人では、現地工場とのやり取りするための語学力を求められることが多かったのですが、最近では中国工場を中心に日本語のできるスタッフが常駐していることが大半で、大手商社を除くと語学力を求められるケースは減少傾向にあります。


アパレル生産管理の転職成功のヒント

今後も生産管理を軸にしたスキルアップを望むのであれば、まずはご自身の強みに一層の磨きをかけることです。
例えば繊維製品品質管理士(TES)などの資格を取得して経験・スキルの裏づけを行うこと、コスト交渉の経験を積むこと。いずれもアピールポイントとなります。

またどの職種にも言えることではありますが、採用においては基本的なスキルに加えて「突出したアピールポイント」が評価されます。
生産管理で言えば「直接貿易の経験が豊富」「特定のアイテムに強い」「チャイナプラスワンのいずれかに精通している」「パタンナー経験があって仕様面に強い」など、ご自身の強みを存分にアピールし、それをもっとも評価してくれる企業を見つけることが大切です。

そして心構えとして重要になるのが、「店頭起点」の考え方です。キャリア上どうしても生産側の目線になりがちかと思いますが、日ごろからこまめに店舗へ足を運ぶなどして、作ったものを売り切るまでの一連の流れを意識しながら業務にあたってください。将来のキャリアを考える際に、必ず役に立つでしょう。

生産管理の仕事はいわゆる縁の下の力持ちで、「生産を滞りなく進めるのが当たり前で、評価が減点方式」とネガティブに捉えてしまうことも多いかと思います。精神的にも余裕をもって転職活動を進められるよう、クリーデンスなどの転職支援サービスを積極的に活用してください。


目次


本件に関するお問い合わせ先

パーソルキャリア株式会社 クリーデンス事業部 お問い合わせ(総合)フォーム
お問い合わせ(総合)フォーム

  • クリーデンスでは求人のご紹介のみならず、
    スムーズに転職活動を行うための全面的なサポートを行っています。
    サービスは無料ですので、転職活動への不安をお持ちの方はぜひお気軽にご相談くださいね。
  • 転職支援サービス 無料会員登録

関連リンク

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧