アパレル・ファッション業界職種図鑑

アパレル店長・アパレル販売

アパレル店長・アパレル販売とは

店頭に立ち、商品の接客・販売に携ります。
ただ売るだけではなく、接客を通じてブランドのコンセプトやイメージをお客様に伝える重要な職種と言えます。
また接客・販売のほかにも、届いた商品を店頭に並べ、在庫を把握する「商品管理」や「在庫管理」、整理整頓やVMDと連携したディスプレイを行う「店舗運営」、プレスや販促部門と連携し、DM発送などを行う「顧客管理」など、店舗にかかわる一切の業務を担います。

販売スタッフとして経験を積んだ後は、店長に昇格するのが一般的なキャリアアップの一つです。
店長昇格後は、店舗内で上記の業務をけん引する立場となることに加え、本社と連携しながら予算計画を作成・実行する「売上管理」、店舗スタッフの管理や教育、本社で行われる店長会議への参加や、ディベロッパーとの連携など、さらに多くの業務に携わります。
また最近では、「セールスエキスパート」などの名称で販売のプロフェッショナルのポジションを設ける企業も多く、指向性にによってキャリアアップの幅が広がりつつあります。

実務だけではなく、自身がブランドの顔としてブランドイメージを体現し、ブランドのファンを増やしていくことが重要になります。
「このブランドの服を買いたい」はもちろん、「この人から服を買いたい」と思われるよう、自分自身のブランディングも怠ることができません。
そのほか、一日を通しての立ち仕事になるため、体力も重要と言えるでしょう。

<2020年最新版>アパレル店長・アパレル販売の転職動向・転職成功のヒント

これまでの売り手市場から一転、店長・販売職は、コロナ禍の影響を最も受けた職種です。2020年は4月ごろから求人が大きく減少し、9月には復調傾向に入ったものの、前年比で70%程度の求人数となりました。
このような状況下で採用を行う企業ももちろんあり、その背景として下記の二点が考えられます。
一点目は、ラグジュアリーブランドやデザイナーズブランドでの採用です。これらのブランドはコアなファンを獲得していることが多く、…(続きを読む

アパレル店長・アパレル販売のための転職お役立ち情報