Fashion★シゴトNEWS

2020.02.13

アパレル営業の平均年収と転職動向

アパレル営業の平均年収

25~29歳:376万円 30~34歳:449万円 35~39歳:478万円

アパレル営業の転職動向

一口に「営業」と言ってもその業務は細分化されており、転職動向や求める人材もさまざまですが、「販売戦略を提案して売上を作れる営業スタッフが欲しい」という企業側の思いは共通しています。

業種をまたいだ転職がしやすいのも営業職の特徴の一つで、業種の違いが年収の違いに直結しているのも事実です。
そんな中でファッション・アパレル業界の営業職の魅力としては、店頭と本社をつなぐ懸け橋として店頭イベントの企画にも携われ、その頻度もデザインの変更や季節の変わり目に応じて比較的多く、主体的・能動的に働けるなどの点が挙げられます。

また、販売スタッフなどの業界経験を活かして、営業職にチャレンジしたいという方も多くいらっしゃいます。
直営店営業やSVは、一般的なキャリアパスとして店頭で経験を積んだ社員から登用するケースが多いため、社外から未経験者を採用するケースは非常にまれです。卸営業などを目指すことで、転職成功の可能性は大きくなるでしょう。


アパレル営業の転職成功のヒント

営業職としてより良い企業と出会える可能性が高いのは、なんといっても数値に対する意識の高い方です。
応募の際に提出する職務経歴書には、売上や担当エリアの詳細など、ご自身の実績につながる情報を具体的な数字が分かるかたちで必ず記載しましょう。他職種でも当たり前のことですが、営業であればなおさらです。
未経験からのチャレンジの場合も同様に、たとえば店長や販売スタッフの方であれば、店舗売上、予算比、前年比、個人売上、顧客数、フェアにご招待した人数など、ご経歴を数値化することを、日ごろから意識すると良いでしょう。
このほか高い語学力をお持ちの方であれば、商社の営業やインポートブランドの海外営業など、海外と関わる仕事に就けるチャンスです。

営業職はキャリアチェンジやエリア異動の頻度も高い職種です。求人が発生しやすいうえにそのつど条件が異なりますから、以前は選考に通らなかった企業でも今回は大丈夫というケースも多くあります。同時にご自身のスキルも、以前よりアップしているはずです。市場の中でのご自身の立ち位置を把握・自覚しながら、効率的に転職活動を進めましょう。
そのためにはできるだけ早いうち、転職について「考えてみた」というタイミングでクリーデンスなどの転職支援サービスにご登録いただくことをお勧めします。カウンセリングでは転職市場の動向や具体的な求人情報だけでなく、例えば異業界へ転職した方の成功事例や失敗事例など、お一人での転職活動では手に入らないような、ヒントとなるエピソードも数多く聞くことができます。


目次


本件に関するお問い合わせ先

パーソルキャリア株式会社 クリーデンス事業部 お問い合わせ(総合)フォーム
お問い合わせ(総合)フォーム

関連リンク

  • Webサイトに公開している
    求人・企業情報はほんの一部です。
    転職をご希望の方は、まずクリーデンスの
    転職支援サービスにご登録ください。
  • 転職支援サービス 無料会員登録

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧