転職活動完全ガイド

職務経歴書の作り方・サンプル

選考の第一歩は書類です。
誰が見ても伝わるように分かりやすく情報をまとめ、会いたくなる職務経歴書を作りましょう。

書式

  • 短く簡潔にまとめる!
    A4サイズ2~3枚がめやす
  • 箇条書きを交えて
    メリハリのある内容に
  • 誤字、脱字、フォント、レイアウトまで
    丁寧にチェック

採用担当者は日々、多数の書類に目を通します。
アピールしたいことが多すぎるあまり長々と書くと、すべてに目を通してもらえない可能性もあります。
A4サイズ2枚、多くても3枚までを目安と考え、特に伝えたいことは箇条書きですっきりまとめる、最重要ポイントは経歴書の序盤に持ってくるなど、情報に強弱をつけると、全体がぐっと締まって伝わりやすくなります。

書き終わったら、最後に何度も読み直しておかしいところがないか確認を。
誤字・脱字はもちろんのこと、途中でフォントやサイズ、色が変わっていないか、表が崩れていないかなど見た目のレイアウトにも気を使い、できれば一度印刷してみて丁寧にチェックしましょう。

職歴・経歴

  • 経歴はできるだけ時系列で
  • 職務内容は特にアピールしたい箇所を重点的に
  • 担当ブランドのターゲット・年商・販路などを“数値”を交えて明確に
  • 職歴は短期間就業やアルバイト、
    派遣でも正しく記入を

職務経歴は古いものから順に書くのが一般的ですが、例えば途中でキャリアチェンジをした等、最新の経歴から書いた方が分かりやすい場合もあります。自身のキャリアに合わせて判断しましょう。
職務内容は担当しているブランド・アイテムのターゲット、年商、販路など、概要が分かるよう記載します。たとえば営業、販売職の方は、販売実績や顧客数、店舗規模など、企画職の方は、担当アイテム、担当型数、アイテム構成、生産規模、経験シーズン数など、実績を具体的な数値実績を交えると、誰が読んでも分かりやすい評価基準となります。

また、在籍期間の短い企業やアルバイト、異業種など「アピールにならない?」と思われるようなものも、経歴はすべて記載しましょう。書かないことで「何もしていない」と受け取られることや、最悪の場合、経歴詐称に発展してしまうケースもあります。どうしても気になる場合は、仕事の取り組み方や身に付いたこと、その経験を次の仕事でどう活かしたいかを簡単に添えて、ネガティブにならないように工夫すると良いでしょう。

その他

  • 即戦力であることをアピール
  • 退職理由は「一身上の都合」と
    しておくのが一般的

中途採用の多くは即戦力を期待した採用です。経験・スキルだけでなく、マーケット理解、技術、業界知識や仕事に対する取り組み方、自身の将来像など、即戦力であること、企業にどのように貢献できるかをアピールしましょう。
退職理由はさまざまだと思いますがまずは「一身上の都合」としておくのが一般的。自己PRの中で、さらに成長を目指していることを盛り込むと良いでしょう。

アパレル・ファッション業界専用 職務経歴書サンプル

ひとことで職務経歴書と言っても、職種や状況・条件によってアピールすべきポイントは異なります。
ぜひこちらのサンプルを参考に、これまでのご経歴を見直してみてください。
(職務経歴書サンプルはPCからのみご利用可能です。スマホでご利用の方はPCよりご覧ください。また、ご利用にはWordソフトが必要です。)