アパレル・ファッション業界職種図鑑

アパレルプレス・販促・VMD

アパレルプレスとは

ブランドの知名度を高めてファンを増やすための業務を担うのがプレスです。
業務は企業・ブランドによっても異なりますが、リース対応やプレスリリースの作成、展示会の企画・運営がメインとります。
これまでは人脈やコミュニケーション能力、またブランドの顔として露出する機会が多いため、消費者に好印象を与える雰囲気などが求められていました。近年ではこれらに加えて、SNSなどを中心としたデジタル領域にかかわる知見も必須となっています。

アパレル販促とは

市場調査に基づいて、消費者・小売業・卸業などを対象にさまざまなプロモーションを行い、購買意欲を促すお仕事です。
具体的には、ノベルティ・ダイレクトメール・スタイルブックなどの作成や、ポップアップイベント・セールの開催などに携わります。
企画力や情報の収集・分析能力はもちろん、プレゼンやコミュニケーションの能力、またデジタル領域での販促活動を行うための知識や能力も重要視されます。

アパレルVMDとは

VMDとはビジュアルマーチャンダイザーの略で、視覚的に商品化計画を行うポジションです。
視覚効果や店内を歩き回る際の導線などを活用して、購買につなげることがミッションで、ブランドのコンセプトやディベロッパーの雰囲気、商品の数量や価格に応じて、店舗の内装や演出を手掛け、商品の魅力化につなげます。
VMDの計画は、ブランドのコンセプトやイメージを視覚的に演出し、集客につなげる「VP(ビジュアル・プレゼンテーション)」、目立たせたい商品を引き立てたディスプレイで顧客の滞在時間を伸ばす「PP(ポイント・プレゼンテーション)」、商品を手に取りやすく配置し、購入につなげる「IP(アイテム・プレゼンテーション)」の3つに分類されます。
現在ではこの原則をECサイトに適用して購入につなげるべく、EC運営のポジションでVMD経験を歓迎する企業も出てきています。

<2020年最新版>アパレルプレスの転職動向・転職成功のヒント

コロナ禍によってECの利用率が格段に上がった2020年、「デジタルマーケティング」「EC販促」「SNS運用・企画」などの業務で即戦力となる人材を求める声が高まり、求人数は増加しました。
アパレル・ファッション業界は、他業界と比較するとEC化やデジタル化にやや遅れを取っていたため、これらにかかわる職種は、比較的異業界からの転職者が多くなっています。だからこそデジタルの知見に加えて業界経験をお持ちであることが、…(続きを読む

<2020年最新版>アパレルVMDの転職動向・転職成功のヒント

VMDの求人数は以前から多くはありませんでしたが、2020年はコロナ禍による店舗閉鎖などの影響でさらに減少しました。
急な欠員などがあった場合も、店舗スタッフや販促スタッフなどの兼任で賄ってしまうケースが多く、突発的に急募求人が出るということもまれです。
1ブランドを1人で担当する本社付きVMDの求人は、店舗付きVMD以上に希少です。
ですが最近ではEC化率の高い企業を中心に、ECサイト上に使用する画像の…(続きを読む

アパレルプレス・販促・VMDのための転職お役立ち情報