Fashion★シゴトNEWS

2020.06.01

<アパレル・ファッション業界>これからの転職活動でますます企業研究が重要なわけとは―― スタッフ座談会 <その3>

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)(以下、新型コロナウイルス)に伴う緊急事態速報が5月25日(月)で解除されましたが、ファッション業界の転職マーケットにおいては、引き続き採用活動には慎重な姿勢を見せる企業が多く、求職者数に対して求人数が少ない、いわゆる「買い手市場」はしばらく続くものと見られています。
そんな状況で重要になってくるのが「企業研究」です。今各企業はどんな状況なのか?なぜ企業研究が重要なのか?どんな観点で企業研究し、企業と向き合うべきか?日々企業の採用担当者と接する営業(リクルーティングアドバイザー)と、日々求職者のみなさんと接するキャリアアドバイザーが語ります。


これからの転職活動やキャリアを考える上で必要なこととは

環境が目まぐるしく変わる中で、さまざまな価値観の変化が求められています。その一方で、一部の情報や偏った情報に惑わされて考えを曲げてしまうと、本当に実現したいことを見失ってしまうかもしれません。これからの転職活動において、こういうことは変えていくと良い、またこれは変えないほうが良い、というものをたずねました。

今だから本当に大切なものに気付けるかもしれない

G(キャリアアドバイザー):先日、以前より「店舗から本社職へキャリアチェンジしたい」とご相談いただいていた方と話をしていて印象に残った言葉がありました。それは、「出勤できなくなった今、お店に立ちたい、お客さまに会いたいと毎日思っている。本当は店舗の仕事が大好きなのだと気付いた。」というものです。
転職する前に一番大事なことに気付けて良かった!またイチから目指す方向を考えましょう!とお話させていただいたのですが、このように、仕事環境・生活環境の変化を余儀なくされたことで、本当に大切なものに気付いた方、実は多いのではないでしょうか。

ぜひご自身やご家族で、働き方や生き方の中で大事にしたいことを見つめ直してみてください。転職によって変えたかったことは本当に変えたいことなのか?変えたくないものは何なのか?時間を取って考えてみていただきたいです。
ご自身の決断に自信が持てるように、最後はご自身の耳で聞いて肌で感じた情報をもとに、ここ!という企業を選んでいただけることを願っています。

アパレル×異業種 の掛け合わせも含め、先入観なく広く企業を見てみる

H(キャリアアドバイザー):離職期間が長引いている、現職の契約が終了してしまう、というシビアなご相談が増えていますが、目先の生活のためだけに、ご自身の強みや優先順位とあまりにかけ離れた仕事を選んでしまうと、長続きしなかったり、働くこと自体が苦痛になってしまったりするかもしれません。
年収や条件だけで安易に即決せず、まずは丁寧にご自身のこれまでの経験や強みを振り返り、先入観なく広く企業を見てみることをおすすめいたします。アパレル企業だけでなく、アパレル×IT、アパレル×芸能…など、業界の枠を少し広げてみると、ご活躍できる企業の可能性がぐっと広がるかもしれません。

ご自身のポリシーや将来のビジョンを大切に、もしまだそこまで考えがないという方は、ご自身の今後・未来をぜひ考えてみる機会にしてみてください。

この状況下で選考に進む人、転職成功している人はどんな強みを持っている?

新しい働き方に向けて、ご自身の労働生産性について考えてみる

N(営業):さまざまなメディアでも取り上げられていますが、今回を機に、働き方や評価、給与などの価値観・考え方が変わる企業が増えてくるでしょう。当たり前に週5日の出勤ではなくなるかも?そうなると残業代という概念が変わるかも?本社職でリモートワークが推進される場合、どのように数値目標を立て、自身の貢献度をはかる?などなど…。

そのときにぜひ考えてみて欲しいのが、「労働生産性」です。景気が傾き、生産性を高めることが求められる中で、同じ仕事を1時間でできる人と3時間でできる人では、1時間でできる人を採用したいでしょう。同じ型数で商品を作ったとき、プロパー消化率の高い商品が多い人は、評価に繋がるでしょう。つまり、労働生産性が高い人は、それだけで強みをひとつ持っているといえるのです。

例えば今日の仕事を振り返り、そこで何を生み出し、それがどれだけの成果や価値に繋がるのかを考えてみてください。ヒット商品を生み出したとき、それに掛かった時間を振り返ってみてください。顧客を1人作るのにどれだけの工夫を凝らしているか、考えてみてください。それによって、これからの時代を生き抜くための武器が手に入るかもしれません。

変化への対応は必要だが、「変わらないといけない」と焦らず、自身の価値観を大切に

S(営業):世の中にここまでに変化があると、何か変えなきゃ、変わらなきゃ、と焦ってしまう方もいらっしゃると思います。こんな時だからこそ、入ってくる情報や周りの動きに影響されて、自分を見失わないように、ご自身が大切にしている価値観を思い返してみてください。仕事のスタイルやプロセスは変えなければいけなかったとしても、根本にある信念やポリシーまで曲げる必要はありません。

思い返した結果、転職ではなく、今いる会社で精一杯何ができるかを考えることも選択肢の一つです。フリーランスや複業、業務委託など、さまざまな働き方が当たり前になってくる時代なので、来るべきときにしっかりスキルを活かせるよう、日々意識していただくと良いと思います。

時代の変化を感じ取った上で、どのようにご自身の強みを磨けば活かせるかを考える

Y(営業):時代の変化によって、伸びるものと縮小するものは必ず出てきます。たとえば販売職の方であれば、SNSやオンライン接客など、デジタルを通じたコミュニケーションがますます加速します。いち早くそうした新しい価値観に触れ、実践してみることで、今まで以上に“自分らしさ”を活かせるようになるでしょう。

一方、縮小カテゴリーに関しても、その企業やブランド、アイテムなどへの深い愛情がある方、縮小したとしても業界や社会に必要なものだという信念を持っている方は、その思いを大切にしていただきたいです。ご自身がそこでスキルを磨き続けることで、替えのきかない貴重な存在になれるかもしれませんし、残存者利益や競争相手が減り、ビジネスとして生き残っていける可能性も十分にあります。

色んな世の中の変化を感じ取ったうえで、最後はご自身の意思を持って、少し先のキャリアを描きながら転職活動に挑んでください!

  • クリーデンスでは求人のご紹介のみならず、
    スムーズに転職活動を行うための全面的なサポートを行っています。
    サービスは無料ですので、転職活動への不安をお持ちの方はぜひお気軽にご相談くださいね。
  • 転職支援サービス 無料会員登録

関連リンク

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧