Fashion★シゴトNEWS

2016.11.28

「店はお客様のために」を理念に掲げるユナイテッドアローズが目指す働き方とは

人のために一生懸命になれる、そんな社員が集まっているというユナイテッドアローズ 人のために一生懸命になれる、そんな社員が集まっているというユナイテッドアローズ
人のために一生懸命になれる、そんな社員が集まっているというユナイテッドアローズ

「UNITED ARROWS」「BEAUTY&YOUTH」「green label relaxing」など約20ブランド・255店舗を全国に展開するユナイテッドアローズ。
「店はお客様のためにある」という理念に向かって直進する社員の姿を矢にたとえ、「矢(ARROW)を束ねた(UNITED)もの」という意味が込められている。

どうすればお客様に満足していただけるのか、また来たいと思っていただけるのか…それぞれ個性を持ったスタッフ一人ひとりが考え、アイデアや工夫を活かした接客を行うのが同社のスタイル。
目先の売上よりも、お客様満足度を優先させることが結果的に企業の成長に繋がるという考えから、個人ノルマではなく店舗で1つの目標を目指し、多くのお客さまが買い物を楽しめるよう、ともに働く仲間たちと協力し合うことを大切にしている。

そう聞くとものすごく高いハードルのようにも感じるが、ユナイテッドアローズでは、まず気持ちが一番にあればスキルは後からしっかりとついてくる、と言い、お客様の立場に立って考えられること、人と接するのが好きなこと、ファッションが好きなこと、そんな思いがあればファッション業界や販売職が初めてでも大歓迎だという。

そんな言葉の背景にあるのは、ユナイテッドアローズ独自の教育制度である。
「束矢(たばや)大學」と呼ばれる、「ヒト=接客」「モノ=商品」「ウツワ=空間」の3分野を学べるこのプログラムでは、接客・サービス研修、素材知識、ショップメイク研修、マネジメント研修など、多数のカリキュラムを用意。販売未経験の方でも安心してスタートでき、長期的な視野に立って、自身のスキル・キャリアを形成することができるのである。

また、当社のもうひとつの特徴として、オンとオフをしっかり切り替えるという点もポイントだ。年間休日119日、産休・育休制度、時短勤務制度などの制度をしっかり整えており、200名以上の社員が育児時短制度を利用しながら働いている。「仕事一辺倒ではなく休むときにはしっかり休み、プライベートを大切に過ごすことで、良い仕事に繋がっている」と話す社員も多い。

独自の教育制度と、仕事だけでなくプライベートも大切にできる休暇制度。社員とその先にいるお客様のことを考えつくして生まれたこれらの環境が、ユナイテッドアローズを日本有数のファッション企業に成長させたのであろう。

  • Webサイトに公開している
    求人・企業情報はほんの一部です。
    転職をご希望の方は、まずクリーデンスの
    転職支援サービスにご登録ください。
  • 転職支援サービス 無料会員登録

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧