スタッフブログ

2019.09.11

北欧×ファッション

こんにちは!
営業の「も。」です。

もう9月だというのにまだまだ暑い日が続きますね。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。

さて、本日は「北欧ファッション」についてお話したいと思います。
北欧といえば、どんなイメージをお持ちでしょうか??

北欧×ファッション

世界幸福度ランキング

「人口当たりのGDP」や「人生選択の自由度」等、
幸福度をはかる6項目を指標として幸せの質を数値化したランキングで、
1位フィンランド、2位ノルウェー、3位デンマークと北欧諸国が上位を占めています。

デザイン大国

皆さん一度はお買い物したことがあるでしょうIKEAはスウェーデン発祥です。
北欧と聞くと、インテリアやテキスタイル等、
ユニークでミニマルなデザインを連想する方も多いのではないでしょうか。

サンタクロース

世界に1人のサンタさんは、フィンランドのラップランドに住んでいます。
サンタクロース村に行くと、なんと本物のサンタさんに会うことができるんです。

オーロラ

北極圏で見られるオーロラ。
カナダやアメリカのアラスカ州など、オーロラ観測ができる地域は複数ありますが、
北欧では特別な場所に行かずとも、日常的にオーロラが見えることもあります。

サウナ

クリーデンスにも熱烈な“サウナー”が何名かいますが、サウナ文化もフィンランドで生まれました。
ほとんどの人が自宅にサウナを持っており、水風呂の代わりに湖に飛び込んだり、雪の上に転がったりします。

…などなど。

北欧×ファッション

実は私、このような文化に魅せられて、1年間だけフィンランドに住んでいました。
※北欧諸国と言いつつ、フィンランドに偏った情報はそのせいです。ご容赦ください。(笑)

本日は意外と北欧発祥だと知られていないファッションブランドについて、
そして今気になっているブランドをご紹介します。

marimekko(マリメッコ) / フィンランド

北欧といえば、このブランド。鮮やかな色使いや存在感のあるデザインが特徴で、
お洋服だけでなく、インテリアや食器など生活雑貨も有名。
世界の中で、母国のフィンランドに次ぐ2番目マーケットが日本というから驚きです。

Acne Studios(アクネ・ストゥディオス) / スウェーデン

今、世界で最も注目度の高い北欧ブランドと言えるのではないでしょうか。
パリコレにも参加しており、特にブランドのアイコンとも言えるジーンズは高い評価を受けています。

Helly Hansen(ヘリー・ハンセン) / ノルウェー

防水着メーカーとして創業したアウトドアブランド。
有名なスキー選手やアスリート達が愛用している国民的スポーツウエアです。
現在日本では株式会社ゴールドウインが販売総代理店となっています。

H&M(エイチアンドエム) / スウェーデン

ファストファッションの火付け役と言っても過言ではないブランド。実は、北欧発なんです。
同ブランドのお姉さん的立ち位置であるCOS(コス)もH&Mグループに属しています。

Kanken(カンケン) / スウェーデン

赤いキツネのロゴマークのリュックで有名なアウトドアブランド。
森へ行くための頑丈な背中を痛めないバッグが欲しいという
少年の発想から生まれた「カンケン」リュックは、北欧の子どもたちのランドセルになっています。

CECILIE BAHNSEN(セシル バンセン) / デンマーク

17年にLVMHファイナリストに選ばれ、一躍有名になったデザイナーのコレクションブランド。
「アーデム(ERDEM)」「ジョン ガリアーノ(JOHN GALLIANO)」「ディオール(DIOR)」
で経験を積んだ後、同ブランドを立ち上げました。
日本ではBARNEYS NY、UNITED ARROWS、H.P FRANCE等で取り扱っています。
今までの北欧デザインとはまた違った印象のフェミニンだけど可愛すぎないデザインがとっても魅力的です。

いかがでしたでしょうか。
ファッション領域ではまだまだ新興の北欧諸国ですが、素敵なブランドがたくさんあります。
みなさまも是非、チェックしてみて下さいね!

北欧×ファッション
  • 業界特化の情報力で、
    あなたのキャリアをきめ細かくサポート!
    興味がある方は、まずクリーデンスの
    転職支援サービスにご登録ください。
  • 転職支援サービス 無料会員登録

スタッフブログ 最新記事

スタッフブログ一覧