スタッフブログ

2014.05.07

憧れのブランドで働きたい!その想いを実現するために必要なこと

憧れのブランドで働きたい!その想いを実現するために必要なこと

こんにちは。営業の高野です。

クリーデンスで働き始めて2年半になりますが、今の仕事に就く前はインターネット回線の訪問販売を行っていたり、法務部で契約書の細かいチェックをしていたりと、まったく違う仕事をしていました。

今の仕事でファッション業界に関わるようになり、ファッション業界について日々思っているのが「本当に好きで働いている人が多い業界だな~」ということです。

もちろんこれまでの仕事でも、自分の仕事が好きでやっている人はいましたが、ファッション業界は熱量が違う!本当に仕事が生活の一部になっている人が多い!と強く感じます。

一方で、「ファッションが好き」「仕事が好き」なだけではうまくいかないと感じることもしばしばあります。

ファッション業界のみなさんの転職をご支援する際に “Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)”や“Gucci(グッチ)”など、いわゆるラグジュアリーブランドに応募される転職者の方々の話を伺うことが多いのですが、志望動機をお聞きすると「憧れのブランドで~」「商品がすごい好きで~」「デザイナーに共感して~」と、「あれ?前にもどこかで聞いたことがあるぞ」と思ってしまうことが多いんです。

もちろんブランドが「好き」という想いは大事にして欲しいですし、「好き」な気持ちはしっかり伝えるべきだと思いますが、「好き」止まりのアピールは面接官も「また同じ志望動機だ…」と耳にタコ。「好き」は、選考するブランド側からすると大前提のものなんです。

好きで働いている人が多いファッション業界だからこそ、好きなだけで終わってしまったはもったいない!
その先にある、ファッションの仕事を通してどうなりたいか、今何ができるのか、これから何をしていきたいのか…
そういった軸をしっかり決めて仕事に臨めば、好き×自己実現の相乗効果で毎日ワクワクしながら仕事ができるし、大変なことがあっても乗り越えることができる。
それがファッション業界の最大の魅力なんじゃないかと思っています。

と、偉そうに書いてみましたが、私も毎日の仕事の中では将来のビジョンを見失いがちです。
しっかり時間を作って改めて将来について考えてみようかと思っています。

  • 業界特化の情報力で、
    あなたのキャリアをきめ細かくサポート!
    興味がある方は、まずクリーデンスの
    転職支援サービスにご登録ください。
  • 転職支援サービス 無料会員登録

スタッフブログ 最新記事

スタッフブログ一覧