Fashion★シゴトNEWS

2020.02.13

アパレルVMDの平均年収と転職動向

アパレルVMDの平均年収

25~29歳:329万円 30~34歳:438万円 35~39歳:475万円

アパレルVMDの転職動向

VMDの求人数は減少しています。
ブランドイメージの演出のための重要なポジションではあるものの、たとえば急な欠員などがあった場合も、店舗スタッフや販促スタッフなどの兼任で賄ってしまうケースが多いようです。
そのため突発的に急募求人が出るということもまれで、今後も求人数が増加する可能性は高くありません。

1ブランドを1人で担当する本社付きVMDの求人は、店舗付きVMD以上に希少です。
ですが最近ではEC化率の高い企業を中心に、ECサイト上に使用する画像のコーディネートや、クリエイティブのディレクションなど、広い意味でのVMD業務を担うポジションもあります。
これらのポジションには、VMD経験のほか、販促やグラフィックソフトの使用経験でチャレンジできる求人もあります。

また現在国内ブランドのVMDとしてご活躍中で、外資系ブランドのVMDを目指すのであれば、語学力が評価されます。


アパレルVMDの転職成功のヒント

現在店頭で働いている方が、その経験を活かせるキャリアチェンジ先として挙げることの多い職種の一つですが、残念ながら転職のタイミングでのキャリアチェンジは難しいでしょう。
複数店舗のVMDや本社VMDの経験を求められることがほとんどで、現職でディスプレイにも携わっていた経験のみでは、経験不足とみなされてしまいます。
まずは現職で販売スタッフとVMDを兼務しながら経験を積み、そこからVMD専任を目指すことをお勧めします。
現在の職場にそのようなキャリアパスがない場合は、キャリアパスがある企業に絞って、販売職としての転職活動を検討することも視野に入れてください。

店舗VMDの経験をお持ちの方でも、上述したように複数店舗を担当していなければ、転職のタイミングで本社付きVMDを目指すことは難しいでしょう。
ただし語学力やコーディネート力をお持ちの方で、なおかつカテゴリやご自身の好みなどにこだわらないのであれば、可能性はゼロではありません。決して求人は多くありませんが、日ごろから求人情報をチェックし、こまめな情報収集を続けてください。

VMDのポジションは、MDや企画担当者が策定したブランド戦略を分析してVMDとしての戦略を立て、店舗へと展開していく。この一連の流れを自己完結で遂行できることが大前提です。
加えてどれだけブランドイメージの打ち出しができ、売上に貢献できるかがポイントになります。
またほとんどの面接ではポートフォリオが必須ですから、つどブランドに向けて作り込んだものを準備し、ご自身の分析力をプレゼンしてください。


目次


本件に関するお問い合わせ先

パーソルキャリア株式会社 クリーデンス事業部 お問い合わせ(総合)フォーム
お問い合わせ(総合)フォーム

  • クリーデンスでは求人のご紹介のみならず、
    スムーズに転職活動を行うための全面的なサポートを行っています。
    サービスは無料ですので、転職活動への不安をお持ちの方はぜひお気軽にご相談くださいね。
  • 転職支援サービス 無料会員登録

関連リンク

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧