Fashion★シゴトNEWS

2016.02.17

アパレルVMDの平均年収と転職動向

VMDの平均年収

25~29歳:315万円 30~34歳:376万円 35~39歳:453万円

VMDの転職動向

いまやVMDの必要性がすっかり認知され、ブランドごとにVMDを統一することは当たり前になっています。
実際の業務では取り扱い商材にマッチしたVMDを突き詰めることになりますが、もちろんカテゴリーを越えた転職も可能です。ただしその場合、お洋服・ジュエリー・インテリア・雑貨等、あらゆる商材に対応できる柔軟性が必須となるでしょう。
また内資から外資系企業への転職も可能ですが、こちらは英語力が絶対に外せない条件となりますので、個人的に勉強しておいてください。

そうは言っても、基本的には1ブランドを1人で担当しますから増員もなく、急激に求人が増えることはありません。より良いお仕事と確実に出会うために、求人情報のこまめなチェックや、クリーデンスなど紹介会社の利用をおすすめします。
大前提として、MDや企画担当者によるブランド戦略に基づいてVMDとしての戦略を立て、店舗へと展開していく。この一連の流れを自己完結で遂行できることが必須となっています。


VMDの転職成功のカギ

どれだけブランドイメージの打ち出しができ、売上に貢献できるかがポイントになります。
面接ではポートフォリオがほぼ必須ですから、そのブランドに向けて作り込んだものを準備しましょう。
それをもとに、ブランドをどう読み込んだのかをプレゼンテーションし、ご自身の分析力をアピールしてください。

重要なのはこれまでの取り扱い商材ではなく、具体的な成果やそのための自己研さんです。
店舗がマンネリ化しないようにご自身で勉強したこと、販促物(POP)を作るためのIllustratorやPhotoshopのスキル、コスト面を意識したアレンジ、将来の人材育成も任せられるマネジメント力など、プラスアルファのスキルをアピールしてください。


目次


本件に関するお問い合わせ先

株式会社クリーデンス お問い合わせ(総合)フォーム
お問い合わせ(総合)フォーム

関連リンク

  • Webサイトに公開している
    求人・企業情報はほんの一部です。
    転職をご希望の方は、まずクリーデンスの
    転職支援サービスにご登録ください。
  • 転職支援サービス 無料会員登録

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧