Fashion★シゴトNEWS

2021.09.16

ストライプインターナショナルだから、好きな仕事を私らしく。ショップスタッフから人事へ―原田さんインタビュー

「earth music & ecology(アースミュージックエコロジー)」「AMERICAN HOLIC(アメリカンホリック)」「Green Parks(グリーンパークス)」「YECCA VECCA(イェッカヴェッカ)」などの人気ブランドを全国展開している、ストライプインターナショナルが、未経験からでもスタートできるショップスタッフの全国募集をスタートしました。
ストライプインターナショナルならではの楽しさ、やりがいとは?ショップスタッフからスタートし、現在は人事を担当する原田さんにお話を伺いました。

原田さんはもともとショップスタッフからスタートされたんですよね?

はい、そうです。アパレル未経験だったのですが、洋服が好きで求人を調べるうちに、当社と出会いました。惹かれたのはキャリアアップのスピード感、そして人やお店の雰囲気が好きだと思ったことでした。 スタッフ、店舗責任者、SVとキャリアを重ね、入社11年目の現在は人事として、採用などさまざまなことに携わっています。

未経験からのスタートで不安はありませんでしたか?

面接では、イメージしていたような質問攻めのようなものではなく、私を理解しようとしてくれているんだな、好きなことを仕事にしたい、っていう気持ちを汲んでくれているんだな、と感じたので、不安はありませんでした。何の仕事をするにしても、経験のないところからのスタートですし、一人前になるまで大変なのも同じなので、だったら好きな仕事の方が頑張れるかな、と思いました。

実際に働いてみていかがですか?ギャップなどありましたか?

当社では「シスター・ブラザー制度」といって、入社後研修を経て、店舗配属されたあとは、先輩スタッフがついてOJTでしっかり指導してくれます。立ち仕事ということもあり、最初は思った以上に大変で、毎日ヘトヘトでした。でも、先輩のマネをしたりしながら少しずつ仕事を覚え、私なりにお客さまとコミュニケーションできるようになったら、楽しくなってきました。

全国転勤がある、とも伺いましたが、原田さんも経験されましたか?

私は、千葉、京都、浜松と転勤を経験しました。最初は、知らない土地に行くことの不安のほうが大きかったのですが、引越手配はすべて会社が手配してくれますし、転勤中の家賃は会社が全額負担!新しい土地に慣れると、仕事の後や休日はグルメや観光を楽しみながら、充実した時間を過ごせました。

遠方なのに、「あなたに会いに京都まで来たよ」「関東に行く用事があったから、原田さんのところ寄ってみたよ」と、県をまたいでもご来店くださるお客さまもいらっしゃり、私はお客さまに支えられて頑張れているんだな、と感動したのを覚えています。そういう経験ができるのも、転勤制度ならでは。私は経験できて良かった!と思います。
結婚や出産など、ライフステージの変化に伴って転勤が難しい場合は、地域限定職への切り替えも可能。年齢を重ねても安心して働けます。

原田さんが11年も続けられている理由はなんだと思いますか?

一番は、一緒に働く仲間です。先輩も後輩も風通し良くてみんな仲が良いので、仕事をしている時間自体が楽しいんです。会社の掲げる「セカンドファミリー」という言葉がピッタリだと思います。

また、意欲次第でどんどんチャンスを与えてくれる社風も自分に合っていました。ブランドや店舗数が多いので、年次の浅いうちからキャリアアップのチャンスがあり、上司が「これできるんじゃない?」と挑戦させてくれるので、年齢を重ねるごとに成長できている実感があります。

原田さんのように、本社職へのキャリアチェンジもできるのでしょうか?

「キャリアアクション制度」という公募制度を使えば、MD・企画・デザイン、生産管理、販促、広報、人事など本部職にチャレンジすることもできます。アパレル業界の中でも、チャンスの豊富さはトップクラスだと思います!
私も今は人事の仕事をしていますが、この11年を振り返ると、全国の店舗で積んだ現場経験が、自分の大切な土台になっています。将来的に目指したい仕事がある方も、現場での経験が、絶対にご自身にとってプラスになると思います。

最後に、好きな仕事をしたい!とアパレル業界に興味を持つ方々にメッセージをお願いします。

販売職は若いうちしか働けない、将来が不安…と、興味はあっても踏み込めず、新卒でまったく違う仕事に就いたけれども、やっぱり服や接客が好きで転職しました!という方、実はとても多いんです。
そんな方々が当社を選ぶ理由は、幅広いブランドを展開しているため、若いうちからさまざまな経験を積めること、年齢を重ねても長く活躍できること。そんな将来のイメージがつきやすいからではないかと思います。

アパレル業界や接客業に対してハードなイメージを持たれる方いらっしゃるかもしれませんが、月9~10日のお休み、連休取得可能、残業時間月10時間程度と、プライベートも大切にできるから、仕事も前向きに頑張れます。

少しでも興味がある方は、まずはぜひ色々話をしてみませんか?
お会いできるのを楽しみにお待ちしています。

関連リンク

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧