Fashion★シゴトNEWS

2019.09.26

外資・ラグジュアリー販売の転職マーケット座談会<アパレル・ファッション業界>2019最新版~第3回:これから外資・ラグジュアリー販売を目指すには?

転職活動において重要なのは、マーケットを捉えてそれに合わせてしっかりと準備すること。
そこで、外資・ラグジュアリー販売のみなさんに向けた、最新の転職マーケットについて全3回でお届けします。
今回は、アパレル業界出身で外資・ラグジュアリー販売のサポートに強いキャリアアドバイザーと、外資・ラグジュアリー販売の求人に強い営業による座談会形式で、企業のホンネに迫ります!

今回話を聞いたキャリアアドバイザーはこちら

キャリアアドバイザー<米国CCE公認 GCDFキャリアカウンセラー>

大岩 美保子(おおいわ みほこ)

アパレルでの店長を経てクリーデンスへ転職し、人材企業の勤務歴19年。キャリアアドバイザーとして約16年ほどの経験に加え、法人担当の経験もあり、採用ニーズを理解した上での転職サポートが強み。販売、店長など店舗系職種のほか、営業、PR、VMDなど幅広い職種で多数サポート実績を持つ。詳細プロフィールはこちら

キャリアアドバイザー<米国CCE公認 GCDFキャリアカウンセラー>

赤間 理恵(あかま りえ)

大学を卒業後、新卒で大手証券会社に入社しファイナンシャルプランナーを経験。その後パーソルキャリア株式会社(旧・インテリジェンス)へ転職。サービスや小売業界の営業職の転職支援を5年経験後、人事部採用担当として2年、その後公共機関にてフリーター支援に従事。直近8年はクリーデンスでアパレル・ファッション領域を担当。キャリアアドバイザー歴は約15年。詳細プロフィールはこちら

リクルーティングアドバイザー(営業)

山村 諭史(やまむら さとし)

ファッション業界でホールセール、プランナーを経てクリーデンスに転職。7年以上にわたりキャリアアドバイザーとして従事した後、現在は外資・ラグジュアリーブランドをメインに営業および課題解決に努めている。転職エージェントのキャリアは10年目を迎え、求職者・企業と両方の経験ならではの客観的かつ適切なアドバイスが得意。


第3回:これから外資・ラグジュアリー販売を目指すには?

経験は足りないけれども外資・ラグジュアリー販売にチャレンジしたい、という方に必要なことを教えてください。

大岩:「外資・ラグジュアリー販売で働きたい」だけではやや漠然としているので、まず明確に目標を持つことです。特定の好きなブランドがある場合は、なぜ好きなのか、どういうところが好きなのかを、深いレベルで突き詰めていきましょう。その最終ゴールに合わせて、他の人には負けない自分の強みを磨いていくことが大切です。

赤間:これまでのご経験・スキル次第では、間にワンステップとして、百貨店や高感度セレクトショップなどで必要なスキルを身に付けてからチャレンジすることをご提案させていただく場合もあります。明確なゴールがあり、それに対して何が足りないかを理解していれば、漫然と仕事をするよりも成長速度は速く、結果的に最短距離で目指すゴールにたどり着けるはずです。

山村:たとえばクラフトマンシップを大切にしているブランドでは、モノへの深いこだわりや愛情がひとつの評価ポイントになるでしょう。また、これから認知度を高めファンを増やしていくというビジョンを持ったブランドでは、深い接客なしに売れてしまう人気ブランドの出身者よりも、伝道師としてファンを獲得する力を持った人のほうが、評価を得られる可能性は十分あります。
必ずしも外資・ラグジュアリー販売での経験がすべてではありませんので、ご自身が目指す販売職像に合ったブランドを見つけること、または目指すブランドが求める哲学や接客スタイル、カルチャーを理解して、それに見合った専門性を磨いていくことをおすすめします。

外資・ラグジュアリー販売の経験がなくても目指せる道があるのは心強いですね。ただ正直、一人で考えるのは難しい気もします。クリーデンスに相談すると、どんなサポートが受けられますか?

大岩:クリーデンスでは、幅広いブランドとの長年のお取引や、過去の豊富なサポート実績などから、企業やブランド、求人についての情報を多数持っています。転職サイトなどで公開されている求人の内容はほんの一部にすぎません。それ以上の情報をお伝えすることで、より企業やブランドを理解した上で、転職活動に臨んでいただけます。

赤間:転職活動が具体化すると、書類の書き方や店舗見学を含めた面接準備のアドバイスをさせていただいています。また、専任講師による面接対策セミナーや、個別面接対策によって、面接通過率がアップした実績もございます。
クリーデンスに所属するキャリアアドバイザーのほとんどがアパレル業界出身者のため、業界ならではのご不安やお悩みに寄り添ってお話をお伺いさせていただきます。

大岩:企業の採用背景や、それに伴う採用難易度を把握しているのもクリーデンスの強みです。熱度の高い求人やチャレンジしやすい求人をお伝えできるので、書類や面接の通りやすさも変わってきます。個人で転職活動を行うと、どうしてもそうした情報が不足するため、チャンスを逃してしまう方も少なくありません。

今回のお話を伺うと、情報を持っているかどうかで結果に大きな違いが生まれそうですね。

赤間:表には出ない情報やタイムリーな情報を手に入れられるかどうかが、転職成功の第一歩と言えるかもしれません。そういう意味では、少し先の転職を考えていたとしても、早めにクリーデンスにご相談いただくことで良い求人と出会えるチャンスが広がると思います。

山村:若くて経験の浅い方などは、「私には外資・ラグジュアリーブランドは無理では?」と遠慮してしまうケースがあります。それをご自身で判断してしまうのはもったいないことです。少しでも興味があれば、ぜひお気軽にご相談ください。
スキルは足りなくてもカルチャーがフィットしたことで、「経験が足りない部分は育成します」と採用される例も多くありますし、すぐには難しかったとしても、どんな経験を積めばチャレンジできるかを、長いスパンでアドバイスをさせていただきます。
誰もが初めは未経験からスタートします。そのスタートラインに立ち、目指すゴールを実現するまで、キャリアの伴走者としてお手伝いさせていただけると、とても嬉しいです。


改めて第1回~第3回までの内容を振り返ってみましょう。

第1回:最近の外資・ラグジュアリー販売マーケットと選考ポイントは?
第2回:外資・ラグジュアリー販売の面接で気を付けるべきことは?
第3回:これから外資・ラグジュアリー販売を目指すには?

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧