Fashion★シゴトNEWS

2018.02.13

応援するファンを笑顔にするグッズ企画―― WIZZ JAPANオフィス訪問

本日は、プロ野球やサッカーのレプリカユニフォームや、アーティストのコンサートグッズを企画・製造するWIZZ JAPAN(ウィズ ジャパン)にオフィス訪問。どんな仕事なのか、いわゆる一般的なアパレルとの違いはあるのかなどについて伺いました。

ブランドイメージを意識したあたたかみのある店内には、オリジナルブランドをはじめ多数のインポートアイテムが並ぶ ブランドイメージを意識したあたたかみのある店内には、オリジナルブランドをはじめ多数のインポートアイテムが並ぶ
ブランドイメージを意識したあたたかみのある店内には、オリジナルブランドをはじめ多数のインポートアイテムが並ぶ

まずは、WIZZ JAPANについてお聞かせください。

当社は、お客さまのご要望に合わせてオリジナルグッズの企画・製造を行っているメーカーです。プロ野球球団やサッカーチームのレプリカユニフォームや、コンサート用のトートバッグ、タオル、Tシャツなど、オリジナルのセールスプロモーショングッズを数多く手掛けています。

企画や製造の過程において、いわゆる小売店に並ぶ“洋服”との違いはありますか?

ものづくり自体はおそらく大差なく、取引先企業との打ち合わせを踏まえて企画提案を行い、サンプル制作を重ねて量産、納品、というフローで進めています。「違い」というわけではないかもしれませんが、当社では商材の特性上、品質の高さとスピードをとても重視しています。

私たちが扱うのは、「この試合で配りたい」「このコンサートで販売するためのグッズを作りたい」と明確に期限のあるものが多く、スピードが要求されます。加えて何千・何万人もの目に触れるものですから、高品質なものづくりにもこだわらなければなりません。
楽しみにしていたコンサートのグッズが不良品だったら…と考えると、絶対に手を抜けないですね。

何千・何万ものファンに影響を与える、スケールの大きな仕事なんですね。

はい、そうですね。私たちが手掛けているグッズは、試合やコンサートなどイベントに集まる人々の思いを一つにし、応援する人とされる人の気持ちを繋げる役割を担っています。さらにその瞬間が終わっても、手元に残る大切な思い出となります。その影響力の強さは、この仕事ならではのおもしろさだと思います。

最後に、こんな人と働きたい、というメッセージをお願いします。

チームやアーティストの先にいる“ファン”に感動を届ける仕事なので、そうしたところにやりがいを感じられる方と一緒に働きたいですね。私の担当している企画生産職は企画から納品まで一貫して携わる仕事なので、グッズのものづくりに携わりたいという方も大歓迎です!
今回の採用では必要なスキルすべてを網羅していなくても良いと思っていますので、少しでも興味を持っていただけたらご応募お待ちしています。

関連リンク

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧