Fashion★シゴトNEWS

2017.10.02

MADE IN JAPANのモノづくりにこだわる学校体育着ブランド「Hit Union」に注目

オフィスは恵比寿から徒歩10分。恵比寿ガーデンプレイスも近い、閑静な住宅街にある。

英国発祥のFRED PERRY、LAVENHAM、Jackman、narifuriなどを展開する ヒットユニオン株式会社。同社のオリジナルである「Hit Union」は、学校体育着を扱うブランドである。

Hit Unionの大きな特徴は、福井県越前市に自社工場を構え、MADE IN JAPANの「モノづくり」へのこだわりを大切にしていること。カスタムメイドにも対応し、国内生産ならではの高品質、小ロット、スピーディーな生産体制でお客さまの様々な要望に応えてきた。

学校体育着のターゲットは小売店や学校をはじめ、保育園・幼稚園・介護施設など。その市場は大きなものではなく、専門性と経験がモノを言う世界である。常に学び続ける向上心と粘り強さが求められ、身に付けるには時間が掛かるが、独り立ちすることができれば、業界ならではのおもしろさを感じることができる。

同社の営業は「ファッションと聞いてイメージするような、いわゆる流行の最先端といった世界ではありませんが、逆に言うと確実にニーズのある業界であり、高品質で小ロットでも対応できる当社の製品は自信を持って提案することができます。年間を通じてリレーションを取りながら小売店や学校とのパイプを築き、Hit Unionの製品を採用していただけたときには大きな喜びを感じます。」と話す。

もうひとつ、働く環境という点では、ワークライフバランスを大切にしていることも特徴だ。
残業が少なく有給休暇の取得率80%。オンオフ切り替えて家族との時間や趣味の時間を大切にすることができる。また住宅手当や家族手当などの福利厚生も充実しているので、身に付けたスキルを存分に発揮し、長く活躍しているスタッフが多い。

2017年度末からは新規の需要も見込まれ、取引の急拡大に向けてスタッフの増員を予定中という同社。
安定した環境で着実にスキルを身に付け、長く活躍したいという方はぜひチャレンジを。

関連リンク

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧