Fashion★シゴトNEWS

2016.10.20

2016年9月の業界全体の動きと、販売職の地域別比較(CREDENCE JOURNAL vol.42)

“企業の採用動向”をお届けする「CREDENCE JOURNAL」。
今回は2016年9月の業界全体の動きと、販売職の地域別比較についてまとめました。


2016年9月の動き

9月は求職者(弊社転職支援サービスへの登録者)、新規求人(クリーデンスへお寄せいただいた求人)のいずれも、前月比・前年同月比で増加しており、マーケットが活発になっていることがうかがえました。

求職者の動きは例年とも夏ごろに一旦落ち着きますが、1年ごとに推移を観察すると、その落ち着く月が年々早まっているようです。この予測に基づけば今年は7~8月に底があったと考えられ、10~11月も引き続き活発になるでしょう。今から活動すると年明けから新しい環境でスタートできる求人が多いというのが、活性化に繋がっているものと思われます。

職種別ではデザイナー、プレス・販促、店長・販売の3職種が増加しており、特にプレス・販促では数は少ないものの前月比150%と大きく伸びています。転職理由もスキルアップ、ターゲットの拡大、より幅広い業務へのチャレンジなど、前向きな転職活動を進めている方が多くいらっしゃいました。


販売職の地域別比較

就業人口が多いこともあり、何かと話題に上ることが多い店長・販売職の転職動向。
多くの業務が都市部に集中しているアパレル・ファッション業界において、勤務地が全国に分布している点は大きな特徴と言えます。店長・販売職は地域ごとに何か傾向があるのでしょうか。

グラフは、2015年10月~2016年9月にクリーデンスがお預かりした店長・販売職の求人を勤務地で分類し、[1]雇用形態、[2]配属ポジション、[3]年間休日数を比較したものです。
都市部には豊富に求人がありますが、条件等に有利な点がある訳ではなく、むしろ雇用形態や年間休日数など“安心して”“長く”働きやすい環境は、関東以外の求人で、より整っていることが分かりました。

拠点の関係上、現在クリーデンスのサービス登録者の多くは関東と近畿に集中しておりますが、今後はエリアを広げて全国の求職者へより良いご支援が出来るように努力してまいります。

その第一歩といたしまして、2016年10月より、クリーデンス中部支社を開設いたしました。
オフィスは大名古屋ビルヂングにあり、求職者の方にご来社いただくにも便利な立地となっております。
東海エリアでもこれまで以上に寄り添った転職活動のお手伝いをいたしますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

  • Webサイトに公開している
    求人・企業情報はほんの一部です。
    転職をご希望の方は、まずクリーデンスの
    転職支援サービスにご登録ください。
  • 転職支援サービス 無料会員登録

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧