Fashion★シゴトNEWS

2014.03.17

セレブに愛されるセレクトショップ「apt」、バイイングもできる販売スタッフが活躍

バイイング風景。生粋のバイヤーのようだが、普段はなんと販売員だ。
バイイング風景。生粋のバイヤーのようだが、普段はなんと販売員だ。
バイイング風景。生粋のバイヤーのようだが、普段はなんと販売員だ。

成城学園前に展開する人気セレクトショップ「apt(アプト)」は、セレブに愛されるセレクトショップのパイオニア的存在。

「apt」のほか、姉妹店である「apt plus(アプト プリュ)」「apt the corner(アプト ザ コーナー)」の3店舗とウェブショップを運営しており、店内には国内ブランドのほか、ALEXANDER WANG、MONCLER、DUVETICA、SARTORE、FABIO RUSCONIなど、インポートブランドのアイテムが数多く並べられている。

これらのアイテムは、年に8回ほど、パリやミラノ、ニューヨークへ行き、1週間ほど掛けてお客さまに提案したいアイテムをじっくりと吟味し、買い付けている。バイイングを担当するのは、なんと各店舗で活躍する店長をはじめ販売スタッフだ。

日々、一人ひとりのお客さまとしっかりしたコミュニケーションをとり、商品を手に取る様子を一番近い距離で見ながら、好みや要望をうかがう。そのなかでお客さまが欲しいものを敏感に感じとっている販売スタッフこそ、確かにバイイングを任されるにふさわしい立場だと言えるだろう。

加えてウェブショップも非常に好調で、実店舗のお客さまに加えて、全国各地のお客さまのファンが日々増えており、さまざまな声も届いている。
それらをもとにした国内外でのバイイングが、さらなるショップの成長を後押しする。

より愛されるショップを目指して、一人ひとりのお客さまから世界中のブランドまで、販売スタッフの視野は常に広い。

関連リンク

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧