Fashion★シゴトNEWS

2011.01.17

個性派セレクトショップ「MIDWEST」お客さま第一でバイイングにもこだわり

トレンドをキャッチしつつもオリジナリティ溢れるアイテムを多数揃える。
トレンドをキャッチしつつもオリジナリティ溢れるアイテムを多数揃える。
トレンドをキャッチしつつもオリジナリティ溢れるアイテムを多数揃える。

セレクトショップ「MIDWEST(ミッドウエスト)」「HEATHEN(ヒーズン)」を展開するファッションコア ミッドウエストが2011年で創業35年を迎えた。

ショップには国内外問わず、新進気鋭のデザイナーズブランドを中心に100以上のブランドのアイテムが並び、一点もののアイテムも多い。ショップに立つファッションアドバイザーは、それぞれの個性を引き出すため、たくさんのアイテムを組み合わせて複数のコーディネートを提案する。
ひとりのお客さまに1~2時間お話することもあり、「お客さま自身が納得するコーディネート」を見つけることが何よりのやりがいだという。

また、同社のファッションアドバイザーは、接客・販売のほかに自らバイイングを行っているスタッフが多い。それは単に「業務を掛け持ちする」ということではなく、お客さまがどういうものを欲しているか、売れるものは何かというのを一番理解しているからこそ、手がけている仕事。
「こんな服、最近よく手にとって頂いているな」「あのお客さまにはこんなコーディネートが似合いそうだな」と、常にお客さまを思い浮かべながら買い付けを行うことで、最適なコーディネートを提案することができ、購入にも結びついていくという。

「やっぱり接客が好き。バイイングはそのための重要な仕事として取り組んでいる」

という入社5年目のファッションアドバイザー。
お客さま第一の姿勢が、多くのファンを生み、長く支持されている所以なのだろう。

  • Webサイトに公開している
    求人・企業情報はほんの一部です。
    転職をご希望の方は、まずクリーデンスの
    転職支援サービスにご登録ください。
  • 転職支援サービス 無料会員登録

Fashion★シゴトNEWS 最新記事

Fashion★シゴトNEWS一覧