アパレル企業特集

2019.08.27

NERGY(株式会社ジュン)アトレ恵比寿店 ショップスタッフ 塩見 遥香さんインタビュー

女性らしく体を動かす楽しさを伝えたい
ナージーで実現する働き方、ライフスタイルとは

ナイキジャパンの協力を経て、ファッション×スポーツをコンセプトに、日常にスポーツが溶け込んだ新しい「アクティブライフスタイル」を提案するNERGY(ナージー)。今回はアトレ恵比寿店のショップマネージャー渕脇さん、ナージーアンバサダー大内さん、ショップスタッフ塩見さんの3名にインタビュー。ナージーで働く楽しさや、ナージーで働くことで実現しているアクティブライフスタイルについてお伺いしました。

今回、この方にお話を伺いました!

ナージー事業部 アトレ恵比寿店 ショップマネージャー

渕脇 裕子さん

ナージー事業部 アトレ恵比寿店 ショップマネージャー 渕脇 裕子さん

フルタイムのアルバイトとしてジュンに入社、後に正社員となる。ViS(ビス)、ROPE' PICNIC(ロペピクニック)、ADAM ET ROPE'(アダムエロペ)の複合店で3年、LE JUN(ルジュン)で3年、ショップマネージャー(店長)も含めて経験を積み、2017年よりNERGY(ナージー)に異動。当時の渋谷店、池袋パルコ店を経て、現在はアトレ恵比寿店でショップマネージャーとして従事している。

渕脇さんのインタビュー記事を読む

ナージー事業部 ナージーアンバサダー

大内 美咲さん

ナージー事業部 ナージーアンバサダー 大内 美咲さん

大学時代にスポーツクラブでスタジオレッスンのアルバイトを経験。新卒では両親の影響もあり、一度金融系企業に就職し、約2年従事した。その後、フリーのヨガインストラクターとして独立、並行してジュンにアルバイトとして入社、ナージーのショップスタッフを兼業。現在は「ナージーアンバサダー」に就任し、ナージーをより広めていくための活動を並行して行っている。

大内さんのインタビュー記事を読む

ナージー事業部 アトレ恵比寿店 ショップスタッフ

塩見 遥香さん

ナージー事業部 アトレ恵比寿店 ショップスタッフ 塩見 遥香さん

新卒でジュンに入社し、ADAM ET ROPE'(アダムエロペ)で4年間、ショップスタッフとして従事。2018年11月よりナージーに異動し、池袋パルコ店を経て、現在はアトレ恵比寿店でショップスタッフとして従事している。

塩見さんのインタビュー記事を読む

セレクトショップで培ってきた接客スキルが活かせるか試してみたかった(塩見)

塩見さんは新卒でジュンに入社して他のブランドで働いていたそうですが、なぜナージーに異動されたのですか?

塩見:4年間、他のブランドで働いて、ルミネのロープレ大会であるルミネストにも出場させてもらえ、自分の中で接客の経験を積むことができたな、という実感を得るとともに、少し刺激がなくなってしまったんです。この先どうしようと悩んで、正直、地元に帰って家業を手伝おうとまで考えたのですが、内定者アルバイト時代にお世話になった会社の先輩が今ナージーでバイヤーをしていて、久しぶりに話したときに、「一緒に働かない?」と誘ってくれたんです。

もう一度ファッションの仕事を頑張ろうと思った決め手は何だったのでしょうか?

塩見:セレクトショップからスポーツウェアに商材が変わったらまた違う面白さが見つかるんじゃないか、これまで培ってきたスキルが活かせるのか試してみたい、と思ったのが決め手でした。SNSでワークアウトの動画が上がっていたり、友人がヨガに通っていたり、体を動かしている人が増えていて、スポーツ×ファッションっておもしろそうだと思ったことも一つでした。私自身、学生時代の部活以来、社会人になってからあまり体を動かせていなかったので、これを機会にまた体を動かしたいな、と前向きに決断できました。


かわいいヨガウェアによって自然と体を動かそうという変化が生まれた

商材が変わったことで接客スタイルは変わりましたか?

塩見:スポーツウェアの接客は、どんなスポーツをして、どんな風になりたいのか、どんな楽しみ方がしたいか、とアクティブな話をしながら商品をご提案していくので、セレクトショップのときよりもフレンドリーで話が盛り上がるような接客を心掛けています。最初は元気よくお話してくださるお客さまに対して落ち着いたテンションで話をしてしまったり、堅苦しくなってしまったりしましたが、他のスタッフを見ながら、どこまでお客さまと距離を縮められるか、ラフに話をしても失礼がないかなどを学びました。
また、スポーツウェアは機能面も重要なので、たとえばテニスをしている方であればテニスボールを入れるためポケットのあるウェアをおすすめするなど、色んなスポーツのことを知っていく必要があります。これまでに知らなかったことを知っていくのもおもしろいですね。

ナージーに異動して実際に体を動かすようになりましたか?

塩見:ナージーでかわいいスポーツウェアが手に入るので、これを活用しない手はない!と、近所を少し走ってみたり、一駅、二駅の距離をランニングやウォーキングにしてみたり、日常的に体を動かす意識が高まりました。
いろんなジムの体験にも行ってみて、今はサーフボードの上に乗ってエクササイズするジムに通っています。今、本当に色んなエクササイズがあるので、まずはいろいろ体験してみて、自分に合うエクササイズが見つけられると楽しく続けられると思います!

日常的に体を動かすようになって、どういう変化がありましたか?

塩見:以前はストレスをお酒やカラオケで解消していたので、顔がパンパンでむくんでいたのですが、ナージーに来てから体重が2~3kg減って体がぐっと引き締まりました。顔もすっきりして、以前の同僚や上司、友人と会うたびに「痩せた?」「変わったね!」ってびっくりされます。お酒は好きで今もやめられないのですが(笑)、グダグダとおしゃべりしてダラダラと飲む生活スタイルを変えて、まず体を動かしてから飲むようにしています。
かわいいスポーツウェアってここまで意識を変える力があるんだな、と身をもって実感しています。

ファッションの力を感じますね。店舗ではスポーツウェアを着用されていますが、最初から抵抗はなかったですか?

塩見:これまであまり体を動かしていなかったので、引き締まっていない体をお見せするのはお客さまに失礼だろうという気持ちでした。また、日本人はあまり露出する方が多くないので、20代後半でスポブラにレギンスでお腹を出すのって大丈夫?!という思いもありました。自分が見せたくないという思いもありましたが、どちらかというと周りからの目を気にしてしまっていましたね。体を動かすことで少しずつ自信が付いてきて、着られるようになりました。


お客さまのご来店目的やその背景を深く知り
共通する話題で盛り上がれた時が一番楽しい

今の仕事の中で楽しいと感じるのはどういうところですか?

塩見:ナージーは体を動かすのが好き、これから始めてみたい、という明確な思いを持った方がご来店されるので、共通の話があり、深い接客ができるところがおもしろいです。
たとえば自分の体を変えたくてランニングウェアを探しに来た方がいらっしゃったとして、なぜ体を変えたいのか伺ってみると、実はサーフィンをやっていてもっとうまくなりたいから、というお話が聞けたりするんです。そこから、どこの海に行くんですか?近くにあるオシャレなカフェご存知ですか?今度行ってみます!などと盛り上がって、次回、「塩見さんあのカフェ行ってきたよ!」と話をしにお店に来てくださったりすると、すごく嬉しいですね。
スポーツ、エクササイズと言ってもいろいろありますが、私は海やプールが大好きなので、同じ趣味を持ったお客さまと出会えることが一番楽しいです。

これからさらにチャレンジしたいことなどはありますか?

塩見:今27歳で、30歳までにどう成長するかを最近考えているのですが、ひとつは資格を取って仕事に活かしたいです。たとえばきれいな体を作るためには食事も大切なので、栄養のことも知りたいですし、心身ともにすっきり健康でいられるヨガも興味があるし…まだ具体的には定まってはいませんが、どんなことを勉強しようかなと考えるのが今楽しいです。色んな知識を深めて、お客さまのお役に立ちたいですね。

ナージーをきっかけに体も生活スタイルも良い形で変化して、素敵な20代をすごされていますね。

塩見:私がまさにそうでしたが、体を動かしたいけれどなかなかできていない方、心身ともに健康でありたい方は、ナージーが変わるきっかけになると思います。自然とマインドが変化していくので、無理なく体を動かし、それを楽しめる日常になると思います。学生時代に誰かと競争したり大会に出たりするスポーツが苦手だった方も、もしかすると自分のペースで体を動かすことは楽しいかもしれません。何事も楽しむことが一番継続に繋がるので、得意じゃないけど実はちょっとやってみたい、という方にこそ、ナージーで一緒に働きたいです。ぜひお待ちしています!

NERGY(株式会社ジュン)

NERGY(株式会社ジュン)

事業内容 レディス・メンズのファッション製品全般の企画、製造、販売
建築及び室内内装の施工設計
ラジオ番組の企画制作及びサウンドプロデュース
屋外広告媒体事業
ゴルフ場、レストラン、ワイナリーの経営
事業所 本社:東京都港区南青山2-2-3
設立 1958年12月9日
代表者 代表取締役社長 佐々木 進
従業員数 2831名(2019年8月現在)
資本金 11億円(グループ総計)

アパレル企業特集 最新記事

アパレル企業特集一覧