アパレル企業特集

2019.08.27

NERGY(株式会社ジュン)ナージーアンバサダー 大内 美咲さんインタビュー

女性らしく体を動かす楽しさを伝えたい
ナージーで実現する働き方、ライフスタイルとは

ナイキジャパンの協力を経て、ファッション×スポーツをコンセプトに、日常にスポーツが溶け込んだ新しい「アクティブライフスタイル」を提案するNERGY(ナージー)。今回はアトレ恵比寿店のショップマネージャー渕脇さん、ナージーアンバサダー大内さん、ショップスタッフ塩見さんの3名にインタビュー。ナージーで働く楽しさや、ナージーで働くことで実現しているアクティブライフスタイルについてお伺いしました。

今回、この方にお話を伺いました!

ナージー事業部 アトレ恵比寿店 ショップマネージャー

渕脇 裕子さん

ナージー事業部 アトレ恵比寿店 ショップマネージャー 渕脇 裕子さん

フルタイムのアルバイトとしてジュンに入社、後に正社員となる。ViS(ビス)、ROPE' PICNIC(ロペピクニック)、ADAM ET ROPE'(アダムエロペ)の複合店で3年、LE JUN(ルジュン)で3年、ショップマネージャー(店長)も含めて経験を積み、2017年よりNERGY(ナージー)に異動。当時の渋谷店、池袋パルコ店を経て、現在はアトレ恵比寿店でショップマネージャーとして従事している。

渕脇さんのインタビュー記事を読む

ナージー事業部 ナージーアンバサダー

大内 美咲さん

ナージー事業部 ナージーアンバサダー 大内 美咲さん

大学時代にスポーツクラブでスタジオレッスンのアルバイトを経験。新卒では両親の影響もあり、一度金融系企業に就職し、約2年従事した。その後、フリーのヨガインストラクターとして独立、並行してジュンにアルバイトとして入社、ナージーのショップスタッフを兼業。現在は「ナージーアンバサダー」に就任し、ナージーをより広めていくための活動を並行して行っている。

大内さんのインタビュー記事を読む

ナージー事業部 アトレ恵比寿店 ショップスタッフ

塩見 遥香さん

ナージー事業部 アトレ恵比寿店 ショップスタッフ 塩見 遥香さん

新卒でジュンに入社し、ADAM ET ROPE'(アダムエロペ)で4年間、ショップスタッフとして従事。2018年11月よりナージーに異動し、池袋パルコ店を経て、現在はアトレ恵比寿店でショップスタッフとして従事している。

塩見さんのインタビュー記事を読む

ヨガをしていて初めてかわいいヨガウェアに出会えた(大内)

大内さんはフリーランスのヨガインストラクターとモデルをしながらナージーアンバサダー、販売スタッフと4つのわらじでご活躍です。どのようなきっかけでナージーに入られたのですか?

大内:もともとファッションが好きなので、ヨガインストラクターとしてヨガウェアにもこだわっているのですが、なかなか好みのヨガウェアがありませんでした。そんなある日、二子玉川でナージーのポップアップショップの前を通りがかって「このブランドなに?かわいい!」と一目惚れしたんです。そこでナージーへの興味がわいて、働いてみたい!と気持ちが高まって、ヨガインストラクターと両立するためアルバイトで販売スタッフとして入社しました。今年の9月でちょうど1年経ち、そのタイミングで社員になります。

最初は販売スタッフでの採用で、ご入社後にアンバサダーになったのですね。

大内:入社後、一人でも多くの方にナージーを知っていただくため“アンバサダー”という役割ができ、就任しました。ナージーの顔として、ナージーの展示会でお取引先様にご挨拶をしたり、ナージー主催のヨガイベントを開催したりというのが現在の主な活動です。お客さまが美と健康を意識しながら楽しんでもらうために何ができるかを考え、色んなことにトライしています。これからナージーが拡大していくにしたがって、メンバーも増え、さらに新しいチャレンジを行っていく予定です。


ヨガインストラクター、モデル、販売スタッフ、ナージーアンバサダー
どれも好きな仕事だから楽しみながら頑張れる

多忙な毎日を送られていると思いますが、たとえば1週間の流れを教えていただけますか?

大内:一例ですが、月曜と水曜は午前と午後に1本ずつヨガレッスン、火曜と木曜は朝から夕方までナージー恵比寿店で販売スタッフ、金曜と土曜は午前のみレッスンして午後半休、日曜はお休み、という感じです。週末にナージーのイベントが入ったり、合間にモデルの仕事が入ったり、店舗のシフトがあったりするので、ケースバイケースで仕事を組んでいます。

週末のナージーのイベントはどういったものでしょうか?

大内:ナージーアクティブスタジオというコミュニティを2019年3月からスタートして、月に2回ほど、日曜日の朝に30~40分ほどヨガをしたあと、代々木公園でランニングをするイベントを開催しています。また、ナージーがポップアップストアを出店したときに現地でヨガイベントを開催したりもしています。ナージーを通じて体を動かすのが楽しいな、と思っていただけるようにインストラクターとしてプログラムを組み、参加していただいたみなさんと楽しんでいます。

販売職は初めてのご経験とのことですが、

大内:販売の仕事はファッションが好き、人と話すのが好き、ということの延長線上にあるので、お客さまの目的をお伺いしてコーディネートを提案して差し上げ、購入して喜んでいただけると嬉しいですし、初めての仕事でもあまり大変という思いはありません。
ナージーでは、月次予算・日次予算をスタッフ全員で協力して達成していきましょう、というスタンスで店舗運営しているので、個人でどれだけ売らなきゃ、という変なプレッシャーはなく、お客さまに楽しんでいただくことを大切にしています。

さまざまなお仕事を精力的にこなしていらっしゃいますが、両立は大変ではないですか?

大内:体力的には楽ではないですが、どの仕事も好きなので楽しく両立できています。これまでずっとスポーツをしてきて、毎日のように体を動かしてきたので、忙しいこと自体は全然苦じゃないんですよ。丸々休みの日は週に1日くらいしかないし、移動が多い日は疲れたなって思ったりもしますが、日々、仕事の合間に空き時間があるので、そこでのんびり過ごしたりしてバランスを取っています。


自分の考えたヨガレッスンで笑顔になっていただけること

“ナージーのファン”から、ナージーの一員として体現していく立場に変わり、ブランドの印象は変わりましたか?

大内:思っていた以上に本部も含めたスタッフの距離が近く、お互いの意見が言いやすいです。私自身がヨガインストラクターとしてヨガウェアにこだわりたいので、こういう定番商品があったらいいんじゃない?こんなデザインのものは他にはなくてかわいい!みたいなことをよく話しています。

また、新しいブランドなので組織として行き届かないこともまだまだ多いのですが、意見を出し合って良くしていこうとしていて、たとえば展示会でナージーの今後の展望が書かれた資料があったのですが、私はその場で初めてその内容を読んで、「こんなことを目指しているんだ!」って知ったんです。アルバイトも含めてすべてのスタッフに共有されていれば、全員が目的意識を持って働けるんじゃないかと伝えたら、すぐに全メンバーにメールで共有されて、スピード感がいいなと思いました。そういう風通しの良さや、組織を良くしていこうというスタンスが好きですね。

ナージーでの仕事の中で一番楽しいのはどんな仕事ですか?

大内:ナージーアクティブスタジオやイベントでプログラムを考えて、それを当日集まってくださったお客さまと一緒にレッスンしたときに、反応が良くて楽しそうにしているところを見るのが嬉しいです。私はどちらかというと、アップテンポな音楽に合わせてノリノリのワークアウトっぽいヨガが好きなので、20~30代の方々中心に開催できるナージーのイベントは、自分のやりたいことが実現できてとても楽しいです。
イベントを盛り上げるために試行錯誤して考えるのは大変ですが、イベントの目的や参加者の方々などを鑑みて、ナージーのマネージャーと「この日はちょっとハードな内容にしようか」など話し合って、具体的なプログラムを決めて、当日喜んでいただけたときがやっぱり一番楽しいです。

ナージーアンバサダーとしてこれからチャレンジしてみたいことをお聞かせください

大内:私がナージーを知ってワクワクしたときの思いを一人でも多くの方に味わってもらえたらいいな、というのが一番です。これから来年に掛けて全国で新店オープンしていきますが、まだまだ知名度は高くないので、多くの方に知っていただけるブランドにしていきたいです。たとえば、私個人に入ってきた仕事をうまくナージーと絡めてより楽しいイベントにできないかな、と考えてみたり。ナージのたくさんの魅力をお客さまにお伝えし、よりナージーを盛り上げていくことに貢献できればと思っています。

NERGY(株式会社ジュン)

NERGY(株式会社ジュン)

事業内容 レディス・メンズのファッション製品全般の企画、製造、販売
建築及び室内内装の施工設計
ラジオ番組の企画制作及びサウンドプロデュース
屋外広告媒体事業
ゴルフ場、レストラン、ワイナリーの経営
事業所 本社:東京都港区南青山2-2-3
設立 1958年12月9日
代表者 代表取締役社長 佐々木 進
従業員数 2831名(2019年8月現在)
資本金 11億円(グループ総計)

アパレル企業特集 最新記事

アパレル企業特集一覧