アパレル企業特集

2019.04.08

GIVENCHY(LVMHファッション・グループ・ジャパン株式会社 ジバンシィジャパン)スタイルアドバイザーインタビュー

エレガントな魅力をお客様に届ける――
ジバンシィで働く誇りと自信とは

「GIVENCHY(ジバンシィ)」は、1952年、ユベール・ド・ジバンシィがパリにオートクチュールメゾンを開いて以来、一貫して「エレガンス」を提案し続けてきました。
2017年春からは、クレア・ワイト・ケラーが、新アーティスティック・ディレクターに就任。そのスタイルは、創業者であるユベール・ド・ジバンシィがオートクチュールメゾンを設立した1950年代初頭から今日に至るまで、脈々と受け継がれています。

今回、この方にお話を伺いました!

コリアン スピーキング クライエンテリング アソシエイト

BJさん

コリアン スピーキング クライエンテリング アソシエイト BJさん

日本の大学を卒業後、新卒で大手SPA企業に入社。2年間、全国複数店舗で店舗管理(マネジメント)に従事したのち、2017年、ジバンシィに転職。韓国語・英語・日本語を活用し、幅広い接客を行っている。

BJさんのインタビュー記事を読む

スタイルアドバイザー

SYさん

スタイルアドバイザー SYさん

新卒でイタリアのプレミアムカジュアルブランドに入社。5年間、販売職として店頭で働いたのち、2019年1月にジバンシィへ転職。メンズカテゴリーを担当している。

SYさんのインタビュー記事を読む

好きなブランドでこれまでの経験を発揮して、さらに成長したい

ジバンシィが2社目とのことですが、転職のきっかけは何だったのでしょうか?

SY:新卒でイタリアのインポートブランドに入社して5年間、販売職として勤務しました。ジバンシィは自分でも身に付けるくらい好きなブランドでしたので、せっかく転職をするのであれば、興味のあるブランドでこれまでの経験を発揮しつつ、さらに成長したいという思いでジバンシィに応募しました。他の企業は受けず、ジバンシィのみ応募しました。

もともとお好きだったとのことですが、ジバンシィの魅力はどんなところでしょうか?

SY:ウィメンズであればエレガンスさであったり、メンズであればシックなデザインの中にも洗練されたデザインであったり、ジバンシィが持つ唯一無二の魅力があります。自分でも身に付けていて感じていたのは、メインでも楽しむことができ、インナーに着てさり気なく楽しむこともできる、コーディネートのしやすさです。現在仕事をしていても、商品ひとつひとつのご紹介だけでなく、コーディネートとしてお客様にご提案しています。

ジバンシィの一員になって、ジバンシィの新たな魅力を発見されましたか?

SY:一番は、好きなブランド、好きな商品をお客様にご提案できる楽しさですね。 新商品がお店に並ぶとワクワクしますし、高いモチベーションで働くことができています。高額の商品ですので、これまでの経験を活かせる部分とそうでない部分があり、新たな知識を身に付け、提案の仕方を覚えなければなりません。初めての経験がたくさんありますが、入社3ヶ月で少し慣れてきて、これからがますます楽しみになっています。


お客様に快適に過ごしていただくためのおもてなしとは

ジバンシィ店舗での仕事内容をお聞かせください。

SY:ジバンシィを代表する立場としてお客様と接していくことが大切です。百貨店はお買い周りのお客様が多く、他のブランドや商品と比較してご検討されるお客様や、初めて足を運んでくださるお客様の割合が高いです。そのため、路面店と比べると、よりクロージングを意識した会話を心がけます。
一方、路面店の場合は、ジバンシィの空間を楽しみに足を運んでくださるお客様が多く、顧客力という点が重要になってきます。多彩なイベントを開催できるのも路面店の強みで、そうした際にお客様をご招待できるくらいの信頼関係を築いていくことが大切です。

イベントは、例えばどういった催しをされているのですか?

SY:先日盛り上がったのは、お客様の気になるジバンシィの商品を実際に身に付けていただいて、そのお姿をイラストレーターさんがイラストに描いてプレゼントする、という企画でした。身に付けてみることで魅力を感じていただいてご購入に繋がったりもし、すごく盛り上がった良いイベントでした。

こういう企画は、決まったものが共有されて実施することもありますし、店舗から企画することもあります。ジバンシィは他のLVMHファッション・グループのブランドと比べてもまだ規模が小さいので、現場の意見を反映しやすいのも大きな魅力です。ブランドとしても会社としても、これからの成長がとても楽しみです。

これからますます仕事が楽しくなってくる、と先ほど仰っていましたね。具体的にどういうところにおもしろさを感じますか?

SY:ジバンシィというブランドの魅力をお伝えするにあたり、今はとにかく吸収して、周りのスタッフと比較して足りない部分を勉強して自分でも意識して実践してみる、それの繰り返しの日々を送っています。なかなか実績に繋がらない日々が続いていたのですが、3ヶ月経ってようやくお客様が2回、3回とご来店くださるようになってきて、それが本当に嬉しかったです。

これから身に付けたいこと、伸ばしていきたいことはどういった点ですか?

SY:周りのスタッフのお客様に対する気遣いはすごいなと感じていて、たとえば雨の日は傘をすぐに受け取って、お帰りの際に傘をさしてお客様をお見送りする。お客様がお買い上げされるかどうかに関わらず出口までお見送りする。お飲み物をお出しするタイミング。そうした本当に一つひとつの細かな気遣いが、お客様に快適に過ごしていただくためにすごく大事だということを改めて感じています。
今はまだ意識して行っていますが、自然とそういう行動を取ることがお客様への本当のおもてなしだと思いますので、その自然な立ちふるまいを身に付けていきたいです。


同世代のお客様に、等身大の目線でジバンシィの魅力をお伝えしたい

これからがジバンシィでのキャリアのスタートとなりますが、目標をお聞かせください。

SY:マネジメントに興味があるので、マネージャー職を目指していきたいです。
そのためには、まず顧客力を身に付けて、お客様に信頼していただけるサービスをご提供し、売上に貢献することが第一です。ジバンシィは20代男性のお客様も多くいらっしゃいますが、そうした方々に対し、同世代ならではの目線でジバンシィの魅力をお伝えできるのは僕の強みです。僕ならではの接客スタイルをしっかり身に付けていきたいです。

最後に、アパレル業界で転職を考えている求職者のみなさんに一言お願いします。

SY:もし今の仕事にやりがいを見いだせなくなってしまっている方がいらっしゃるなら、一歩外に出てみて、他のブランドや企業のことを知ってみることで、新しいチャレンジの場が見つかるかもしれません。新しい環境に飛び込んでみると、初めはなかなかうまくいかないこともありますが、それを乗り越えていくことで新しい楽しさを見つけることができます。転職をポジティブに捉えて、新たな成長のきっかけにしていただければと思います。

今、僕はジバンシィの社員として、お客様と会話をしたり、自分に会いにお客様が足を運んでくださったりすることを心から楽しんでいます。お客様とコミュニケーションを重ねることで信頼関係を築き、ファッションの楽しさを感じていただくことがこの仕事の一番の魅力だと思います。ぜひそういう仕事を一緒に楽しんでいきましょう。

GIVENCHY(LVMHファッション・グループ・ジャパン株式会社 ジバンシィジャパン)

GIVENCHY
(LVMHファッション・グループ・ジャパン株式会社 ジバンシィジャパン)

事業内容 日本における「GIVENCHY」ウイメンズ・メンズ・シューズ・レザーグッズなどの輸入販売
事業所 本社:東京都港区北青山3-5-29 ONE表参道4F
設立 2014年3月
代表者 プレジデント&CEO クリスティン エドマン
従業員数 86名(2019年4月現在)
資本金 5000万円

アパレル企業特集 最新記事

アパレル企業特集一覧