アパレル企業特集

2019.04.08

GIVENCHY(LVMHファッション・グループ・ジャパン株式会社 ジバンシィジャパン)ストアマネージャーインタビュー

エレガントな魅力をお客様に届ける――
ジバンシィで働く誇りと自信とは

「GIVENCHY(ジバンシィ)」は、1952年、ユベール・ド・ジバンシィがパリにオートクチュールメゾンを開いて以来、一貫して「エレガンス」を提案し続けてきました。
2017年春からは、クレア・ワイト・ケラーが、新アーティスティック・ディレクターに就任。そのスタイルは、創業者であるユベール・ド・ジバンシィがオートクチュールメゾンを設立した1950年代初頭から今日に至るまで、脈々と受け継がれています。

今回、この方にお話を伺いました!

ストアマネージャー

MIさん

ストアマネージャー MIさん

セレクトショップ、ラグジュアリーブランドなどの経験を経て、前職ではスキンケアブランドに従事し、2014年、ジバンシィに転職。デパートメントマネージャーを経て、2019年1月よりストアマネージャー(統括店長)に就任した。

MIさんのインタビュー記事を読む

コリアン スピーキング クライエンテリング アソシエイト

BJさん

コリアン スピーキング クライエンテリング アソシエイト BJさん

日本の大学を卒業後、新卒で大手SPA企業に入社。2年間、全国複数店舗で店舗管理(マネジメント)に従事したのち、2017年、ジバンシィに転職。韓国語・英語・日本語を活用し、幅広い接客を行っている。

BJさんのインタビュー記事を読む

スタイルアドバイザー

SYさん

スタイルアドバイザー SYさん

新卒でイタリアのプレミアムカジュアルブランドに入社。5年間、販売職として店頭で働いたのち、2019年1月にジバンシィへ転職。メンズカテゴリーを担当している。

SYさんのインタビュー記事を読む

ジバンシィが持つエレガントで強い女性像は現在にも通じるものがある

セレクトショップからラグジュアリーブランド、直近ではスキンケアブランドと様々なご経験をされていらっしゃいますが、ジバンシィに転職しようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

MI:2014年、日本においてジバンシィが販売代理店による展開からLVMHファッション・グループ・ジャパンの直接展開となったことをきっかけに応募いたしました。
私自身がもともとジバンシィというブランドに強い憧れを持っていまして、何点か自分で購入して身に着けてもいましたし、コレクションもよくチェックしていました。同年、日本初の路面店がオープンし、日本においてブランド展開が強化されるであろうこのタイミングで、ぜひ自分自身の手でジバンシィの魅力を一人でも多くのお客様に伝えたいと入社を決めました。

元々ジバンシィがお好きだったのですね。ブランドのどういうところが魅力ですか?

MI:長い歴史を重ねたパリのオートクチュールブランドであるところです。
華やかなシルエットや素材だけでなく、着用したときのシルエットがとても美しく、着心地も良い。創設者であるユベール・ド・ジバンシィが持つエレガントで強い女性像は、長い歴史を経て現在にも通じるものがあると感じています。

ご入社されて、ジバンシィに対する印象やイメージの変化はありましたか?

MI:日々の業務を通じて、いち消費者のときにはまだ感じられなかった多くの魅力を知り、一人でも多くのお客様にその魅力をお伝えしていきたいという思いが強くなりました。表面的な「好き」「憧れ」だけでなく、ブランドを体現する存在であることに大きな責任を感じるとともに、自信と誇りを持てるようになりました。
また、さまざまなトレーニングの中でもジバンシィの魅力に気付かされています。たとえばLVMHファッション・グループ・ジャパン合同のトレーニングでは、各ブランドの個性を知る中でジバンシィの良さを改めて感じましたし、パリの研修では、同じジバンシィで働く世界中の方々と交流することで、ブランドに対するパッションを強く持つことができました。
まだまだ私の知らない魅力はあると思いますので、ブランドへの愛情はこれからも深く強くなっていくと思います。


オフィススタッフの最大限のサポートがあるからチャレンジできる

現在の仕事内容をお聞かせください。

MI:2019年1月より、ストアマネージャーに就任し、店舗全体を統括しています。
ストアマネージャーの下には、デパートメントマネージャーというカテゴリーリーダーが2名おり、その下にスタッフが8名、という構成です。
接客販売における具体的なアクションプランやチームでの動き、付帯業務はデパートメントマネージャーを中心に各チームで行い、私はその状況を把握すると同時に、売上や顧客管理、在庫管理などの数値管理、モチベーション・マネジメント、スタッフの勤怠管理、デパートメントマネージャーのOJTといった業務を行っています。

入社後にはどのようなトレーニングを受けられるのでしょうか?

MI:入社後は全員が受けるインダクショントレーニングがありまして、ブランドの歴史や商品のこと、店舗のオペレーションなどを身に付けます。その他、コーチングのトレーニングやポジションに応じたトレーニングなどを受けることができます。選抜での参加となりますが、パリで世界中のジバンシィのスタッフが200~300名ほど集まり、意見交換やトレーニングを行う機会もあります。そこでのアイデアから大きなプロジェクトに繋がることもあり、とても貴重な経験を積むことができます。

仕事を通じてどういうところにやりがいを感じますか?

MI:デパートメントマネージャーからストアマネージャーにキャリアアップできたことは私にとって大きな自信となり、充実した日々を送ることができています。もちろん、まだまだ至らない点は多々あり、スタッフやデパートメントマネージャーに助けられていますが、それらも含めて様々なことにチャレンジし、成長できるという点は、大きなやりがいにつながっています。

また、これはジバンシィの大きな魅力だと感じているのですが、オフィススタッフが最大限、私たち店舗をサポートしてくれる環境が整っています。リテールディレクターはもちろんのこと、MDであったり、HR(人事)であったりと、部署関係なく、垣根を超えたサポートが非常に手厚いです。ストアマネージャーだけでは解決できないことも多々ありますが、そうした際、気軽に相談できる環境があるというのは心強いです。

オフィススタッフの方々とはどのようにコミュニケーションを取っているのでしょうか?

MI:頻繁にお店に足を運んでくれて、マネージャーだけでなくスタッフ一人ひとりとコミュニケーションを取ったり、また逆に私たちがオフィスに行くこともあります。オフィスの雰囲気がとても良いのでコミュニケーションが取りやすく、本当に有り難いと感じています。

ジバンシィでの経験の中で大変だったこと、思い出深い出来事をお聞かせください。

MI:ジバンシィは歴史あるブランドで、商品も決して気軽に手が届く値段ではありません。売上を積み重ねていくためにはストーリーテリングを行い、しっかりお客様との関係性を築いていくことが重要です。今でこそトレーニング環境が整っていますが、入社した当初は今ほど整備されておらず、イチから自分たちで作り上げてきました。当時は夢中でしたが、今振り返ってみるとあの頃は大変だったなと思います。
5年間の中では決してすべてが楽しかったわけではありませんが、大変なときにも一緒に働くメンバーで力を合わせ、オフィスのサポートを受けながら乗り越えてきたというのは大きな自信に繋がりました。
ジバンシィというブランドに対して誇りと愛情があれば、何があっても必ず乗り越えられると思います。


ストアマネージャーとしてどこよりも魅力的なお店に

これからチャレンジしていきたいことをお聞かせください。

MI:今はストアマネージャーに着任したばかりですので、まずは自分の店をどこよりも魅力的なお店にしたいです。同じアパレル業界で働く方々はもちろん、お客様から見ても「こんな素敵なお店で働いてみたい」と感じていただけるようなお店づくりを目指します。まずはそれを目標として掲げて、その手応えを感じたときにはまた自身も成長しているはずですので、そのときにまた次の目標を考えていきたいです。

最後に、アパレル業界で転職を考えている求職者のみなさんに一言お願いします。

MI:私たちも誰しも同じなのですが、やはり勇気ある一歩、というチャレンジを常々していかなければならないと考えています。今転職を考えている方にとっては、目指す自分を実現するために興味のある会社やブランドを見つけ、応募することが一つのチャレンジですので、ご自身と向き合ってトライしていただきたいです。

世界から見ると日本におけるジバンシィはまだ規模が大きくなく、敷居が高く感じる方もいらっしゃるかもしれません。現時点でブランドのことをあまり知らないという方でも、何か一つのアイテムが目に留まった、誰かが着ていてかっこよかった、そういったささやかなきっかけでも構いませんので、興味を持っていただけたら、ぜひそこから大きな一歩を踏み出してみていただけると嬉しいです。
お会いできることを楽しみにしています。

GIVENCHY(LVMHファッション・グループ・ジャパン株式会社 ジバンシィジャパン)

GIVENCHY
(LVMHファッション・グループ・ジャパン株式会社 ジバンシィジャパン)

事業内容 日本における「GIVENCHY」ウイメンズ・メンズ・シューズ・レザーグッズなどの輸入販売
事業所 本社:東京都港区北青山3-5-29 ONE表参道4F
設立 2014年3月
代表者 プレジデント&CEO クリスティン エドマン
従業員数 86名(2019年4月現在)
資本金 5000万円

アパレル企業特集 最新記事

アパレル企業特集一覧