アパレル企業特集

2016.11.14

株式会社CLUB21 JAPAN

高感度ファッションブランドを多数展開する販売代理店
CLUB21 JAPANってどんな会社?

株式会社CLUB21 JAPANについて

株式会社CLUB21 JAPANは、三越伊勢丹グループとして2011年に設立されたファッションブランドの販売代理店。
「ALEXANDER WANG(アレキサンダー ワン)」「rag&bone(ラグ&ボーン)」「MULBERRY(マルベリー)」「BLACK BARRETT(ブラックバレット)」「PROENZA SCHOULER(プロエンザスクーラー)」といったインポートブランドを、日本のマーケットで成長させる役割を担っています。

ファッション業界における小売のプロである三越伊勢丹グループとして安定した経営基盤があり、世界中から高く評価されている、高感度ブランドの成長に関わる面白さを味わうことができます。


女性のライフイベントに合わせた働き方を選べます

女性の多い会社なので、産休・育休制度は整備されており、復帰して時短勤務で活躍している女性スタッフもいます。
産休に入る前には人事責任者である総務部長が直接本人と面談しますので、復帰後もスムーズに現場に戻れる方がほとんどです。
会社として制度を作ることはもちろん大切ですが、いざ復帰するとなれば、一緒に働くスタッフがお互いに理解し合い、助け合う姿勢があってはじめて成り立ちます。その点においても当社スタッフのチームワークの高さや人の優しさによって働きやすい環境が生まれています。


店舗とそこで働くスタッフを何より大切にしています

当社では店舗を第一に考える社風があります。
それは当社は販売代理店という業態ということもありますが、お客さまにもっとも近い“店舗”という場、そこで働くスタッフを大切にしたいという思いがあるためです。
店舗からの意見を尊重し、もし何かあった場合には、必要に応じて責任者が店舗に駆けつけ、解決に向けて一緒に考えます。実際に店舗スタッフからも「会社がちゃんと店舗を見てくれていると安心する」「現場へのケアが手厚い」という声が挙がっており、店舗と本社の距離の近さが組織の信頼関係へとつながっています。


各ブランド、組織ともに成長中。だからこそ幅広いチャレンジができます

直近では、2017年4月にオープンする注目の商業施設「GINZA SIX」へ「ALEXANDER WANG(アレキサンダー ワン)」「rag&bone(ラグ&ボーン)」等がオープン予定など、今後も多くのお客さまにブランドの魅力を届けるべく、成長を続けています。今後ブランド拡大を目指す中では、さまざまなチャンスが生まれる可能性を秘めています。目先の仕事だけで線引きしてしまわず、能動的に動いて色んなことを経験していくことで、成長に繋がっていく組織です。
当社で扱っているブランドが好きで、私たちと一緒にブランドを育てていきたいという方のチャレンジをお待ちしています。


あわせて読みたい

株式会社CLUB21 JAPAN

株式会社CLUB21 JAPAN

事業内容 日本国内における海外ファッションブランドの開発・展開
事業所 東京本部:東京都新宿区新宿3-28-12
代表者 代表取締役 伊藤 恵
設立 2011年6月
従業員数 102名(2016年9月末現在)
資本金 1億円

アパレル企業特集 最新記事

アパレル企業特集一覧