転職お役立ちコンテンツ

FASHION★シゴトNEWS

アパレルVMDの平均年収と転職動向

2014/02/19

VMDの平均年収

25〜29歳:345万円30〜34歳:403万円35〜39歳:428万円

VMDの転職動向

ここ数年でVMDの必要性が認知され、店舗ごとにばらばらだったVMDを統一することが当たり前になってきました。
また、ライフスタイルを提案するタイプの店舗が増えていることにともない、お洋服・ジュエリー・インテリア・雑貨等、どんな商材にも対応できる人材が求められています。

そうは言っても、基本的には1ブランドを1人で担当しますから増員もなく、急激に求人が増えることはありません。
大前提として、MD・企画が立てたブランド戦略をもとにVMDとしての戦略を立て、店舗へと展開していく。この一連の流れを自己完結で遂行できることが必須となっています。

VMDの転職成功のカギ

どれだけブランドイメージの打ち出しができ、売上に貢献できるかがポイントになります。
面接ではポートフォリオがほぼ必須ですから、そのブランドに向けて作りこんだものを準備しましょう。
それをもとに、ブランドをどう読み込んだのかをプレゼンテーションし、ご自身の分析力をアピールしてください。

これまでのご経歴ももちろん大切ですが、重要なのは「何をしてきたか」だけではなく「何ができるか」です。
前述したように幅広い商材に対応できることや、販促物(POP)を作るためのIllustrator・Photoshopのスキル、またコスト面を意識したアレンジ、将来の人材育成も任せられるマネジメント力など、プラスアルファのスキルをアピールしてください。

なお、一口にVMDといっても、外資系ブランド・国内ブランド・店舗付VMDなど、肩書きによってお仕事の内容は大きく異なり、相互の転職は容易ではありません。
外資系ブランドを目指す方であれば語学力を身につけたり、店舗付きの経験のみの方であれば現在の職場で実績アピールをするなど、結果を急がず、まずは今やれることから始めましょう。

目次

本件に関するお問い合わせ先

株式会社クリーデンス お問い合わせ(総合)フォーム
https://www.crede.co.jp/contact/mail.html

関連リンク

人気記事ランキング